IT9,10(伊勢の旅) 

言葉(language)
スポンサーリンク

IT9,10(伊勢ツアー9,10)

 第9回 伊勢の旅  
2000年(平成12年)

第10回 伊勢の旅
2001年(平成13年)

当時は 
お伊勢参りを継続するか?
 迷いながらの旅でした。

 お伊勢参りは  
 私にとって  
感謝の旅です。
 
 終わりはありません。
IT10で
熊野本宮大社を
参拝しました。

とても暑い日でした。
御祈禱の時
太鼓の音が
腹の底まで
 響きました。
(荒々しさを感じました)

熊野本宮大社についてChatGPTに聞きました

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は、和歌山県熊野市にある日本の神社であり、熊野三山の一つです。熊野信仰の中心地として、古くから多くの信者や参拝者によって崇拝されてきました。

熊野本宮大社は、熊野那智大社(熊野速玉大社)と熊野速玉大社(熊野那智大社)という2つの本社で構成されています。熊野那智大社は、那智山(なちさん)に位置し、瀧廉太郎の「熊野詣で」でも知られる熊野の代表的な景勝地であり、那智の滝など自然の美しさも楽しめます。熊野速玉大社は、熊野本宮山(ほんぐうさん)に位置し、本宮大社の中心的な神社です。

熊野本宮大社は、熊野信仰の象徴として、日本の宗教や文化において重要な役割を果たしてきました。熊野信仰は、古くから山岳信仰や水神信仰が融合して形成され、自然崇拝が中心となっています。熊野本宮大社には、多くの信仰対象とされる神々が祀られており、参拝者はそれぞれの目的に応じて祈願や信仰を行います。

また、熊野本宮大社は、熊野古道と呼ばれる参詣路の起点となっています。熊野古道は、奈良時代から続く歴史ある参詣道であり、登録有形文化財にも指定されています。古道沿いには、参詣者が休憩や宿泊するための宿坊や茶屋などがあり、自然の中を歩きながら熊野信仰を感じることができます。

熊野本宮大社は、日本の神社の中でも特に歴史や文化的な価値が高く、国宝や重要文化財に指定されている建造物や神宝が多数あります。そのため、多くの人々が参拝や観光のために訪れ、熊野信仰や日本の歴史に触れることができます。

熊野本宮大社の建造物の中でも有名なのは、本殿や拝殿です。本殿は重要文化財に指定されており、国宝の拝殿と共に荘厳な雰囲気が漂っています。また、社殿の周辺には樹齢千年以上の大きな木々が立ち並んでおり、神聖な雰囲気を醸し出しています。

熊野本宮大社では、年中行事や祭りも行われています。特に有名なのは「熊野本宮大社春秋例祭」です。春の例祭は4月の第2日曜日に、秋の例祭は10月の第3土曜日に行われます。これらの例祭では、神職や巫女による神事や神輿渡御が行われ、多くの参拝者が集まります。

熊野本宮大社へのアクセス方法は、和歌山市や新大阪駅からのバスや電車を利用する方法が一般的です。熊野古道を歩いて参拝する場合は、最寄りの宿坊や茶屋を利用しながら進むことができます。ただし、道中は山岳地帯が多く、適切な装備と体力を持って挑む必要があります。

熊野本宮大社は、豊かな自然環境と歴史的な価値が融合した特別な場所です。日本の伝統や信仰に興味のある人々にとって、訪れる価値のある場所です。参拝や散策を通じて、熊野信仰の深さや日本の文化の魅力に触れてみてください。
GPTさん解説ありがとう^^
IT10で
伊勢神宮内宮で
御垣内参拝して
拝礼した時に
足元が
微振動した事を
覚えています。
(驚きと感激が込み上げました)
写真は
今回データー化しました。
少し手遅れで
ネガが劣化していました。
↑ 五十鈴川です。↓
IT10で
一旦区切りが付きましたが
お伊勢参り
その後、平成最終編に 
続きます。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました