IT8(伊勢の旅)

言葉(language)
スポンサーリンク

IT8(伊勢ツアー8)

第8回
伊勢の旅
1999年(平成11年)
平成いい年
 私が幹事でした。
(計画は先輩にお任せしました)
m(_ _)m

二見浦 御塩殿 
見学しました。

三重県伊勢神宮に関係のある二見浦御塩殿ついてChatGPTに教えてもらいました

「二見浦御塩殿」は、実際には「二見興玉神社」とも呼ばれる場所を指しています。二見浦御塩殿は、三重県伊勢市の二見浦に位置し、伊勢神宮と関係があります。

二見浦御塩殿は、伊勢神宮の一つである「内宮(ないく)」の摂社(部分的な神社)であり、主祭神は豊受大神(とようけのおおかみ)です。この神社は、海上の安全や漁業の豊漁を願う信仰の対象となっています。

また、二見浦御塩殿は、二つの小さな神社から成り立っています。一つは「竹生島(たけしま)御塩殿」であり、もう一つは「石上御塩殿(いそのえのおしおどの)」です。これらの神社は、縁結びや夫婦和合の神としても信仰されており、多くの参拝者が訪れます。

なお、二見浦御塩殿には「夫婦岩」と呼ばれる岩場もあります。この夫婦岩は、二つの岩が互いに結びついている様子が夫婦に例えられ、夫婦円満や家庭の幸せを祈る場所として知られています。

二見浦御塩殿は、伊勢神宮の一部であるため、伊勢神宮の参拝ルートや風習に従って訪れることが一般的です。伊勢神宮と共に、日本の伝統と信仰の一環として、多くの人々が訪れる場所です。

ChatGPTありがとう^^

三重県伊勢市を流れる五十鈴川についてChatGPTに教えてもらいました

五十鈴川は、三重県伊勢市を流れる川であり、伊勢神宮の境内に位置しています。伊勢市内を中心に流れる市街地沿いを通り、二見町付近で太平洋に注ぎます。

五十鈴川は、伊勢神宮の一部である内宮(ないく)に関連しており、参拝者が内宮へ向かう参道の一部を形成しています。参道沿いには桜並木が広がり、春には桜の花が美しく咲き誇ります。

また、五十鈴川には多くの鈴がかけられており、その音が流れる川沿いに響き渡ることから「五十鈴川」と名付けられました。この鈴の音は、神聖な場所として知られる伊勢神宮の雰囲気を一層引き立てています。

五十鈴川周辺には、伊勢市の歴史的な建築物や観光名所もあります。たとえば、川沿いには美しい景観が広がる「おはらい町」があり、伊勢市内の観光名所として人気です。また、伊勢神宮の外宮(げく)も五十鈴川の近くに位置しており、参拝者が訪れる重要な場所です。

五十鈴川は、伊勢市の景観や文化に深く関わっており、伊勢神宮を訪れる人々にとって重要なエリアとなっています。川沿いを散策することで、伊勢の風情や伝統を感じることができるでしょう。

ChatGPTありがとう^^
鳥羽
「天びん屋本店」で食事
ホテル 
マリテーム宿泊でした。
足つぼマッサージありました。
(かなり効いたようです。)
(^^)
継続の
IT9,IT10に続きます。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました