IT4.IT5(伊勢の旅)

言葉(language)
スポンサーリンク

IT4.IT5(伊勢ツアー4.5)

第4回 伊勢の旅
1995年(平成7年)

第5回 伊勢の旅
1996年(平成8年)

4人で参拝です。
第4回の時
伊勢志摩スペイン村に
行きました。

伊勢志摩スペイン村についてChatGPTに聞きました

伊勢志摩スペイン村(いせしまスペインむら)は、日本の三重県伊勢市に位置するテーマパークです。このテーマパークは、スペインの風景や文化を再現したで、観光客にスペインの雰囲気を楽しんでくださいもらうことを目的としています。
伊勢志摩スペイン村は、1997年にオープンしました。パーク内には、スペインの建築物や風景が再現されており、アンダルシア地方のホワイトタウン(白い街)をイメージした美しい景観が実現しています。 、スペインの伝統的な建築物や庭園、噴水、広場などがあり、散策するだけでも楽しめます。
テーマパーク内には、スペイン料理やショップ、エンターテイメント施設も充実しています。 スペイン料理のレストランでは、この場の味を楽しむことができますし、ショップではスペインの伝統品やお土産を購入することまた、定期的に行われるショーでは、スペインの伝統音楽やダンスを楽しむことができます。
伊勢志摩スペイン村は、スペインに行けない人でも本格的なスペインの雰囲気を楽しめることができる場所として人気があります。観光客や家族連れにとって、スペインの文化や風景に触れることができる貴重なスポットとなっています。


ありがとう^^GPTさん

皆で正装して
御垣内参拝です。
(みかきうちさんぱい)

御垣内参拝は、
内宮、外宮の
両宮の御正宮の
垣根の奥に入って
参拝する事です。
通称
「特別参拝」です。
(上記Yahoo調べ)

御垣内参拝をChatGPTに聞きました

御垣内参拝(みかきうちさんぱい)は、日本の神社における特定の参拝方法です。 御垣(みかき)は、神社を囲む垣根のことを歩きます。は、鳥居や石段を通って正面から入る方法が一般的ですが、御垣内参拝では、御垣の内側から境内に入るという特殊な参拝方法を訪れます。
御垣内参拝は、神社における特別な機会や儀式、祭りなどで行われることがあります。一般的には、神社の祭りや特別な神事の際に、神職や特定の役割を持つ人々が御垣内から境内に入り、神前でや祈りの供物を捧げるという形式です。
このような御垣内参拝は、神職や関係者に限定された特別な参拝方法であり、一般の参拝客は通常の参拝道から参拝することが一般的です。に参加する人々にとって、神聖な場での特別な行為として認識されています。
御垣内参拝は、神社の神職や関係者にとってのみ許された特別な参拝方法であることに留意し、一般の参拝客には制限があることを強調しておきます。の交信を行う場であり、通常は境内の外からでも十分な信仰の表現ができます。
ただし、特定の神社や特別な儀式では、一般の参拝客も御垣内での参拝を経験することができる場合もあります。例えば、神社の祭りや特別な神事の際に、一般の人々に対して御垣内このような場合、訪問者は特定の手順や保留を守りながら御垣内に入り、神々への配慮を示します。
御垣内参拝は、神社の信仰や祭りの中で重要な役割を行っているだけでなく、日本の文化や伝統の一部でもあります。これは神社が神聖な場所であり、神々との交流を行っています特別な空間であることを象徴しています。 御垣内参拝は、神社の信仰体験の前提として、参拝者にとって特別な思い出となることでしょう。
解説ありがとう^^GPTさん
先輩のおかげで 
成長しています。
(^^)/

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました