一粒万倍日、大安

言葉(language)
DSC_1416
スポンサーリンク

一粒万倍日

一粒万倍日は、一般的に
一粒の籾が万倍になって
実るという意味を持つ、
縁起の良いしとして
知られています。
この日に物事を始めたり、
やり遂げたりすると、
その成果が何倍のもなって
返ってくるとも
言われています。
上記Google調べ

大安吉日

大安は、「大吉」「大吉相」に
相当し、吉日の中でも
最も良い日とされ、
いろいろな儀式や行事に
利用されます。
縁起が良い日とされ、
仕事始めや結婚式など、
大切な日に
あわせる事が多いです。
日本の伝統的な暦や風習に関連していると思われます。この表現は、特定の日が吉日であることを強調し、その日を特に貴重なものと見ていることを示唆しています。

「大安」は、吉日とされることがある。 吉日は、伝統的な信仰や文化に関して、結婚式や開業などの重要な行事を行う際に選ばれる日として重視されるこのため、特に「大安」の日が吉日とされる場合、その日は貴重なものと見られる、特別な意味を持つことがあります。

(日本文化に関してはまだまだ勉強だね。ChatGPTさん)
1日を充実させる
①仕事に集中する
(朝からやることを実行)
②11月、12月は動きます
新たなステージへ挑戦です)
③勉強する
(仕事の本を読む)
④環境整備する
(トイレ掃除をする)
⑤神社参拝をする
(浅江神社参拝)
その日その日を考え
日々を充実させます^^
感謝、謙虚、素直

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
👇広告です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました