2023年のやることリスト

言葉(language)
スポンサーリンク

2023年やることリスト6選

1,感謝のカンちゃんを貫く
「感謝です」
相手の目を見て挨拶です!
「ありがとうございます」
良い感じです^^
  
2,ブログ継続
前向きカンチャネルカレンダー
「継続は力なり」
やると決めたらやります!

3,ハッピー手帳に
毎日良い出来事を書く
 日々、無理なく書く
夢を見た時
夢の内容も書いてます(笑)

4,住信SBI銀行を使って
 お金の自動化する
  先取り貯金をする
👆これはお勧めです!
無意識にお金が貯まります^^

5,言葉遣いを丁寧にする
 謙譲礼節の精神
 良い感じです^^

6,環境整備のレベルを上げる
  先ずは捨てる
 玄関の掃除継続中です。

やることリストをつくるをChatGPTに聞きました

以下、やることリストを作成する基本的なステップです。リストを作成する際には、重要なタスクを整理し、効率的に進捗を追跡できるようにしましょう。

タスクを洗い出す: まず、今日やるべきタスクを洗い出しましょう。

タスクの優先順位をつける: タスクを重要度緊急や度に応じて優先順位をつけます。これにより、最も重要なタスクに集中できます。

タスクを具体的にアクションする:タスクを具体的に表現しましょう。 解消的な表現ではなく、具体的なことを含めることが大切です。 「1章を500ワード書く」のような具体的なタスクが良いでしょう。

期限を設定する:各タスクに期限を設定し、締め切りを守りましょう。 期限がない場合でも、最も具体的な期限を離れると、タスクの達成が容易になります。

タスクをカテゴリー分けする: 似たようなタスクをグループ化して、一緒に処理できますように。 たとえば、メールの整理、電話の応答、プロジェクト作業などのカテゴリーに分けることができます。

タスクの進捗を追跡する: リストの各タスクの進捗を追跡し、完了したタスクをチェックマークや印でマークしましょう。

タスクを定期的に更新する: やることリストは日々変わることがあります。新しいタスクが追加されたり、期間が変更されたりすることがありますので、定期的にリストを更新しましょう。

これらのステップに従って、効果的なことリストを作成し、日々のタスクを管理しましょう。
すでに達成している
項目がありますが
継続徹底です!
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
👇以下広告です

コメント

タイトルとURLをコピーしました