1月1日に神社にお参りしました

言葉(language)
DSC_0638
スポンサーリンク

1月1日浅江神社にお参りしました

DSC_0570
おみくじを引きました

出来るだけ身をヘリ下って
何事も我から進んでしないがよい
強いてしようとすると
思わぬ災いにあいます。
つつしんで事を行え

浅江神社おみくじより

龍神様? 

DSC_0640
DSC_0622
DSC_0631
DSC_0603
DSC_0509

金融システムの勉強をするChatGPT

世界の金融システムは広範で複雑な仕組みで構成されています。以下は、一般的な金融システムの要素と主要な組織についての概要です。

中央銀行:
各国には中央銀行があります。中央銀行は通常、国の通貨を発行し、金融政策の実施、経済の安定、通貨供給の管理などを担当します。例えば、アメリカの中央銀行は連邦準備制度(Federal Reserve)です。
商業銀行:
一般の人々や企業は商業銀行を通じて金融サービスを利用します。商業銀行は預金を受け入れ、融資を提供し、支払いサービスを提供するなど、様々な金融活動を行います。
証券市場:
証券市場では、株式や債券などの金融商品が取引されます。主要な証券取引所には、ニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック(NASDAQ)などがあります。
保険業:
保険業はリスク管理のためのサービスを提供します。保険会社は異なるリスクに対する補償を提供し、保険契約者は保険料を支払います。
投資ファンド:
投資ファンドは、個々の投資家や機関投資家の資金を受け入れ、株式、債券、不動産などへの投資を行います。共同基金やヘッジファンドなどが含まれます。
国際金融機関:
国際的な金融機関には、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、国際決済銀行(BIS)などがあります。これらの機関は国際的な金融システムの安定と協力を促進する役割を果たしています。
金融技術(FinTech):
近年、新しいテクノロジーの導入により金融業界は変革を遂げています。ブロックチェーン、仮想通貨、モバイル決済などの技術が金融サービスの提供方法を変えつつあります。
これらの要素は相互に影響し合い、複雑なネットワークを形成しています。金融システムは絶えず進化しており、国ごとに異なる制度や構造が存在します。
2024年1月2日は、
 以下を実行します
1,高松宮神社にお参り
2,家の玄関の掃除
3,親戚に新年の挨拶
今年も不変の3本柱
感謝
謙虚
素直 です。
日々忘れないように
継続と徹底です!
上司Kさんの教えです

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
👇広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました