集中投資と分散投資

言葉(language)
DSC_0611
スポンサーリンク

集中投資

特定の銘柄に
集中的に投資すること。
特定の銘柄に値動きに
運用成績が
大きく左右されるため
ハイリスク、ハイリターンの
運用方法といえます。
(上記Google調べ)

分散投資

分散投資とは、
投資金額を分散して
いくつかのものに
投資する手法である。
一つのものに
投資するとなんらかの
要因で投資対象の価値
が下落した場合は
投資金額がほとんど
なくなってしまうので、
そうしたリスクを
軽減するために
行われる投資手法です。
(上記Google調べ)

私の投資戦略

分散投資しながら
日本の高配当株投資です。
予想以上に
株価が急上昇したら
売却し利益確定する。

集中投資よりローリスクです。

どの株が上昇するか
下落するかわかりません。
30社以上に分散し
株価が急上昇したら売却する。
下落している高配当株は、
基本的に放置です。
日本株購入は、
基本的に配当金狙いです。
例です
①240万円を
株(30社以上に分散保有)に投資
年の配当利回りを5%とします。
年間配当金は12万円です。
       +
②月々、一部の急騰した株の
平均売却利益金額を5万円とし
12ヶ月 5×12=60万円です。

年の利益①+② 
12+60=72万円です。

集中投資と分散投資をChatGPTに聞きました

「集中投資」と「分散投資」は、戦略の異なるアプローチです。どちらが良いかは、個人の投資目標、リスク許容度、資産状況によって異なります。以下は、それぞれのアプローチの特徴と選択の考慮事項です。

集中投資:

特定の資産クラスや対象に高い割合の資金を投入する戦略です。
ポートフォリオがリスクを高める可能性がありますが、リターンも高い可能性があります。
高リスク・ハイリターンの資産クラスへの信念がある場合や、特定の投資機会を考慮する場合に選択されます。
リスクが判断、負けも大きい、慎重に計画・監視する必要があるため。
分散投資:

資金を複数の異なる資産クラスや投資対象に分散させる戦略です。
リスクを分散させるため、ポートフォリオ全体のリスクが低くなる可能性があります。
安定したリターンを追求し、リスクを抑えたい場合に選択されます。
リスクヘッジを守るため、市場の変動に対する防御的なアプローチです。
どちらの戦略が良いかを決定する際に考慮すべき重要な検討は次の通りです:

リスク許容度:リスクをどの程度受け入れられるかによって、集中投資か分散投資を選択します。

投資目標:資産の増加、リタイアメント資金の確保、特定の目標の達成など、具体的な目標を考慮します。

資産状況:皆さんの資産や収入源、資産などを評価し、ポートフォリオを構築します。

投資知識:リスクを正確に評価し、正しい投資判断をするための知識と経験が必要です。

一般的に、リスクを分散させてポートフォリオを構築し、リスクヘッジを行うことが多いですが、一部の投資家は特定の分野に特化し、高リスク・ハイリターンを追求することもあります。を比較し、個人の状況に合った戦略を検討することが重要です。最終的な決定にあたっては、専門家と相談することも推奨です。
2024年から新NISA制度始ります。
準備して実行です!
投資は自己責任です

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました