金融商品と税金

言葉(language)
スポンサーリンク

預貯金と税金

預貯金の利子は、
利子所得として課税され、
原則として20.315%
の源泉分離課税となります。
上記FP3級参考

特定口座、一般口座、ニーサ口座

①特定口座
特定口座とは、
投資家が所有する
上場株式等から生じる
損益にかかる税金の申告を
簡素化するために
設けられた制度で、
証券会社が
投資家にかわって
特定口座内の
年間の売却損益などの
計算を行います。
また、特定口座には
源泉徴収あり
(源泉徴収口座)と
源泉徴収なし
(簡易申告口座)があり
源泉徴収口座の場合には、
売却損益等について
確定申告を不要に
することが出来ます。
一般口座は、
投資家が確定申告です。
NISA口座は、非課税です。
上記FP3級参考

証券の特定の口座で株を売って利益が出た場合をChatGPTに聞きました

証券の特定の口座で株を売って利益が出た場合、税金が認められる可能性があります。具体的な税金は以下のようになります。

得られる税: 特定口座で売買した株の利益は、得税の対象となります。 特定口座は、一定の条件を満たすことで、取引利益が一律20.315%(2021年度の報酬)の源泉徴収税が支払われる「特定手数料税」となる制度です。ただし、年間の取引利益が一定の金額を超える場合は、個人の得られる税の対象となる場合がございます。この場合、確定申告を行い、年間の取引利益に対する得られる税金が計算されます。

住民税: 特定口座の取引利益は住民税の支払い対象となります。 住民税は、地方自治体によって異なります。得られる税と同様に、年間の取引利益に対する住民税が計算されます。

源泉徴収税: 特定口座での取引利益には、源泉徴収税が支払われることがあります。

特定口座の取引履歴: 特定口座では、証券会社が源泉徴収税を行っている場合でも、取引履歴を確認し、必要であれば確定申告を行うことが推奨されます。誤った納税や申告漏れが起きる可能性があります。

上記の情報は一般的な情報であり、個人の状況や微妙な修正によって異なる場合があります。確実な情報を得るために、税理士や専門家に相談することを推奨します。
正しく理解して
必要なら確定申告です!

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました