終活 車の運転免許の返納を考える(ChatGPTに聞きました)

言葉(language)
スポンサーリンク

安全運転と免許返納を聞きました

安全運転と免許返納については、以下のような考え方が一般的です。

安全運転については、交通事故や怪我を未然に防ぐために非常に重要です。安全な運転を心がけることで、自分自身や他の人々の命や安全を守ることができます。適切な速度制限を守ったり、信号や標識を守ったり、適切な距離を保ったりすることが重要です。また、運転中は集中力を持ち、アルコールや薬物の影響を受けないようにすることも重要です。安全運転は社会的な責任でもあります。

免許返納については、高齢者の運転能力が低下して危険な状況を引き起こす可能性がある場合や、身体的な問題や認知機能の低下によって安全な運転ができない場合には、免許を返納することが望ましいとされています。高齢者に限らず、誰でも自分の運転能力を客観的に評価し、必要な場合は運転を止めるべきです。免許返納は自己責任の一環として捉えられ、自分自身や他の人々の安全のために行われるべきです。

ただし、免許返納には個々の状況や判断が関与します。個人の体力や認知能力、交通事情などによって判断は異なる場合もあります。また、免許返納後も交通手段の確保や社会参加の機会を提供するなど、適切なサポートや代替策が必要です。

総じて言えることは、安全運転は社会の一員としての責任であり、適切な判断と自己評価が重要であるということです。

車の運転

現代社会生活で
無くてはならない
道具の一つが車です。
日々、
当たり前に使用しています。
人は、
年齢と共に目や反射神経など
衰えてきます。
自家用車に乗らない日が来ます。

自家用車を使う場合
「メリット]
①買い物、病院に行くとき便利
(すきな時間に行ける)
②重たいものを乗せて運べる
③家族の送り迎え出来る  
④気軽に旅行に行ける   
[デメリット]
①運転注意 危険と 
 隣り合わせで責任重い。 
②税金、保険、車本体、
 車検、ガソリン代など
 維持費が掛かる。 

メリットと引き換えに
大きなデメリットあります。

自家用車を使わない場合
[メリット]
①事故の危険がない(安心)
②維持費掛からない 
[デメリット]
①何時でも好きな時間に
 発進できない
②重たい荷物運ぶ時
 不便です     

比較してみると高齢になって
自家用車を使わないメリットが
かなり大きいです。
(安心、安全、経費削減)
何処かのタイミングで
自家用車は手放します。

車を手放した時の対策
①タクシー、バスを使う
利用する日を決め維持費よりお得
②自転車を使う     
(安全に注意)     
③歩く        
(健康に良い)     
④重たい物はネットで買う 
(1つの提案です)    
⑤旅行は公共機関で楽しむ   
(時刻の計画も楽しむ)        

車は便利ですが、
危険も隣り合わせです。
自覚して安全運転
運転マナーを守り
集中して運転です。

安全運転

自動車、自転車は安全運転です

1,運転に集中する
(余計な事を考えない)
2,確認確認する
(思い込みで操作しない)
3,交通ルールを守る
(スマホは運転中は見ない)
4,思いやりを持つ
(歩行者優先) 
5,気持ちにゆとりを持つ
(慌てない) 

お酒を飲んだら乗らない。

日々 集中です
確認 確認 確認
安心 安全運転です。
気持ちにゆとりを持ち
交通ルールを守る。

運転免許の返納

私の返納の判断基準
①目の衰え
②運動神経の衰え
③判断力の衰え

安全運転が出来るか
どうかが、判断基準です。
年齢は気にしません。
免許に関しては、
早めに判断します。
日々、
マナーを守り安全運転です。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました