言葉【熟語】青天霹靂をChatGPTに聞きました

言葉(language)
DSC_0362
スポンサーリンク

青天の霹靂(せいてんのへきれき)

「青天霹靂」は、中国の成語(ことわざ)であり、直訳すると「青い空に雷が鳴る」という意味です。これは、突然現れる驚くべき出来事や、予想もしない大事件を指す表現として使われます。また、何かが突然発生したり、予想外の事態が起きたりすることを強調する際にも使用されます。

「青天霹靂」は、中国の伝統文化に由来し、特に小説や戯曲などの文学作品で頻繁に用いられます。この表現は、驚きや衝撃を表現するために使われることが多く、何か重大な事件や変化が起きたときに、その劇的な性質を強調するためにも用いられます。
予想もしなかったような
出来事や事件が突然起こり、
驚かされること。
上記Google調べ

人事を尽くして天命を待つをChatGPTに聞きました

この表現は、自分の力や努力を最大限に尽くし、全力を注いだ後は、結果を天の摂理や運命に委ねる姿勢を表しています。つまり、人間の努力には限界があることを認識し、最善の行動を取る一方で、結果や運命は自分の力だけでは決められないという謙虚さと受け入れを示す言葉です。

このフレーズは、困難な状況や重大な決断を迫られたときに、自己努力を怠らず、全力を尽くした上で、結果は受け入れるという心構えを表現する際に使われます。人間ができる最大限の努力を行いながらも、結果は運命や時の流れに委ねるという考え方が込められています。

この言葉は、日本の武士道や禅の教えなどの影響を受けており、自己努力と運命の双方を重んじる精神を表しています。
意味は、
力のあらん限りを尽くして
あとは静かに天命に任せる。
つまり、
自分が出来るすべての
努力をしたら、
あとは大人しく
天命に任せて、
事の成り行きを見守る。
(上記Yahoo調べ)

日々、
コツコツ努力です。
(^^)/
やるべきことは、
実行して
天命を待ちます。
DSC_0559

青雲の志(せいうんのこころざし)

徳を磨いて立派な人物に
なろうとする心。
また、
功名を立て立身出世を
しょうとする心。
上記Google調べ
↑O先生作

天長地久(てんちょうちきゅう)

天地は永遠に続く。
いつまでも続いて
絶えることがない
たとえに用いる。
上記Google調べ

思い立ったが吉日

意味は、
物事を始めようと思ったら、
すぐに実行に移すのがいい。
(上記Yahoo調べ)

考え準備をすることは
大切ですが、
実行して経験を積む。
失敗を恐れず
早くチャレンジすることが
重要です。

栄枯盛衰(えいこせいすい)

栄えたり衰えたりすること。
隆盛と衰退が交互に
めまぐるしく
訪れるさまを表す。
上記Google

晴耕雨読(せいこううどく)

晴れた日には田畑を耕し
雨の日には読書を
楽しむという、
悠々自適な生活
 という意味です。
上記Google調べ

実るほど首を垂れる稲穂かなをChatGPTに聞きました

「実れば実るほど首を垂れる稲穂かな」というフレーズは、日本の俳句や和歌などで使われる表現です。この表現は、稲穂が実を結び重みによって垂れ下がる様子を比喩的に表現しています。

このフレーズの意味は、成功や成果が大きくなるほど、謙虚になるべきであるということを示しています。稲穂が実を結ぶほど、その重みによって謙虚になり、自らをひけらかさずに謙遜する態度を持つことが重要であるという教訓を含んでいます。

この表現は、自分の成果や成功に誇りを持ちつつも、その結果に驕らず、謙虚さを忘れないようにするための警句として使われます。成功や栄光があっても、いつも謙虚さを保ち、他人に感謝し、謙遜の心を持つことが大切であるというメッセージを伝えています。
意味は、
学問や徳が深まった
立派な人ほど
謙虚な姿勢である。

垂れ下がらず勢いよく
見える穂は、
実際のところ
実が少なかったり
実入りが悪かったりする。
(上記Yahoo調べ)

感謝の気持ちを忘れず
伝達力を向上させ
謙虚な気持ちで
聞く耳を持ち
失敗を恐れず前進です。

感謝、謙虚、素直

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました