言葉【熟語】天下泰平

言葉(language)
スポンサーリンク

天下泰平(てんかたいへい)

全国に争いごとやもめ事が起こらずに
良い治安、安定した社会秩序があることをいう。
上記Google調べ

平穏無事(へいおんぶじ)

穏やかでこれといって変わったこと事もなく
安らかなこと
上記Google調べ

治に居て乱を忘れず

世の中が良く治まって
平和な時でも、常に乱世になった時のことを
考えて準備を怠ってはいけないということ。
上記Google調べ

緊急事態に備えます。

治に居て乱を忘れず

政治的な安定を維持しながらも、範囲の様々な課題や客観的に見て心を持ち続ける必要があります。この言葉は、昔から日本の政治家や指導者が使ってきた表現ですね。

日本は長い歴史の中で様々な困難に耐えてきました。 そのため、平和と安定を守るためには、内外の変化やリスクに対して慎重にならないように、常に準備を忘れることが求められます。外交や安全保障、経済、自然災害への備えなど、幅広い分野での対策が必要です。

また、社会や経済の変化も日本にとって重要な要素です。技術革新やグローバル化の進歩によって、現場の状況は即座に変化することが起こります。そのため、柔軟な対応力を持ちながら、国の利益や国民の利益を守るための戦略を考え続ける必要があります。

治療に居て乱を忘れず、日本も慎重にせず、社内の課題や前向きに対処することが重要です。継続的な努力と適切な判断が、日本の安全と重点を守るために重要ですです。

「治に居て乱を忘れず」という言葉は、日本の古い軍事戦略や指導原則の一つであり、平時においても戦時の危機を忘れずに備えることを意味します。

この表現は、戦国時代や武士道の考え方に由来しています。 武士や指導者は、治める責任を果たしながらも、常に乱世や戦乱の可能性があるとされていました。な時期でも戦争や紛争の可能性を忘れずに、防衛力や危機管理の準備を怠らないことが重要とされたのです。

現代の日本に関しても、この考え方は一部で受け継がれています。国際情勢や地域の安定状況は常に変化しており、日本も安全保障上の観点やリスクに対して警戒することはできません。政治的・経済的な安定を確保しながらも、国防や災害対策などの備えを忘れずに進めることが求められています。

「治療に居て乱を忘れず」の精神は、日本が非公開の課題に即果立ち向かいながら、安全と優先を守り続けるための勧告となっている。

ChatGPTより

備えあれば憂いなし

あらかじめ準備しておけば
事が起こっても少しも心配がないこと。
上記Google調べ

準備は大切です。油断大敵です!

私の将来への備え

①家計管理をしっかりする
②自然エネルギーを使う
(太陽光発電設置済み)
③中古一戸建て購入済み
④服はあるもので済ます
⑤パソコン、スマホは持ちます
⑥車は慎重に乗ります
⑦運動します
しっかり準備して将来に備えます。
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました