言葉【熟語】生々流転

言葉(language)
スポンサーリンク

生々流転(せいせいるてん) 

全ての物はたえず
生まれ変わっては変化し、
移り変わっていくこと。
万物が限りなく生まれ変わり
死に変わって
いつまでも変化しつづけること。
(上記Google調べ)
宇宙には、
物質を生命体のように
見せてしまう、
全てを「生かそう」とする、
静かで強靭な意識、
思い、愛、力、
エネルギー・・・
そういうものが、
目に見えないが確実に「ある」
私には感じられるのです。
それは  
無限の空間に偏在して、
全ての生命力の根源となり、
その誕生、成長、消滅を
つかさどっている、
ありとあらゆる事柄、
事象の母体であり
動力でもあると思うのです。

科学のものさしでは 
測れない不可知な力と
知の存在を信じ、日々を
生きていったほうがいいと
私は考えています。

それが人生の成否を 
決するばかりでなく、
人間から傲慢の悪を消し、
謙虚という徳と善を 
もたらすからです。
上記 稲盛和夫先生「生き方」の本より

栄枯盛衰をChatGPTに聞きました

栄枯盛衰という言葉は、物事や存在が栄えたり衰退したり過程を表現するために使われることがある。ありますが、歴史や自然界においては、このような変化のサイクルが見られることがあります。

歴史的な視点から見ると、国家や帝国の興亡、経済のブームとバブル崩壊、文化や芸術の隆盛と衰退など、多くの例があります。

自然界においても、生物の存在や生態系には栄枯盛衰が見られます。例えば、個々の生物の成長や繁殖、個体数の増加、生物群集の変化などがあります。や気候のサイクルも、栄枯盛衰の一例と言えます。

ただし、全ての存在が栄枯盛衰のサイクルに従っているわけではありません。 一部の存在は安定して維持されたり、成長を続けたりすることもあります。

したがって、「存在のほとんどが栄枯盛衰」と評価することは難しいが、歴史や自然界において栄枯盛衰のパターンが見られるこもあります。
人や世の中は 
盛んな時もあれば、
衰えることもあり
その流れを
繰り返していくこと。
世の中の儚さをいう言葉です。
(上記Yahoo調べ)

明るい未来はそこにある

一生懸命働くこと、
感謝の心を忘れないこと、
善き思い、
正しい行いに努めること、
素直な反省心で
いつも自分を律すること、
日々の暮らしの中で
心を磨き、
人格を高め続けること。
すなわち、そのような
当たり前のことを
一生懸命行っていくことに、
まさに生きる意義があります。
上記 稲盛和夫先生「生き方」の本より

因果応報

人はよい行いをすれば
よい報いがあり
悪い行いをすれば
悪い報いがあるということ。
(上記Google調べ)

因果応報の法則というものが
見えづらく、それゆえに
容易に信じることが
できないのは、
物事を短いスパンでしか
とらえていないからです。

ある思いや行いが
結果として表れてくるには、
やはりそれ相応の時間がかかり、
2年や3年といった
短い単位では結果は
出にくいものなのです。

しかし、それも
20年、30年といった
長い単位で見れば、
きちんと因果の帳尻は
合っているものです。
上記 稲盛和夫先生「生き方」の本より

短期目線、長期目線、
使い分けます。

万物流転をChatGPTに聞きました

万転流転(ばんぶつるてん)は、仏教の基本的な教義の一つであり、物事が絶えず変化していくという考え方を歩みます。ある釈迦(しゃか)によって言われました。

万転の考え方によれば、世界は一時的で恒常性を持たず、絶えず変化しています。輪廻(りんね)と呼ばれる連続的な再生と死のサイクルが行われると考えられています。

脱仏教では、万流転と輪廻の概念は、人々が受け止める経験を、解(げだつ)や悟り(悟り)を追求する動機付けとなる役割を果たします。理解することで、人々は執着や欲望から解放され、知覚を超越することができます。

また、仏教においては、個人的なや存在現象が単独で存在するのではなく、相互依存関係があると考えられています。おり、全ての存在が他の存在との関わりの中で無視されている。

万転の考え方は、仏教流儀以外の哲学や宗教にも影響を与えており、一般的な人生不確かさや変化の概念とも関連しています。柔軟な思考や心の安定を追求することはできるかもしれない。
この世に存在する
あらゆるものは、
常に移り変わっていくこと。
この世にある全てのものは、
絶え間なく変化して
とどまることがないということ。
上記Google調べ

宇宙には、一瞬たりとも
停滞することなく、
すべてのものを
生成発展させてやまない
意志と力、もしくは
気やエネルギーの
流れのようなものが存在する。

しかもそれは「善意」
によるものであり、
人間をはじめとする
生物から無生物に至るまで、
いっさいを「善き方向」へ
向かわせようとしている。
上記 稲盛和夫先生「生き方」の本より
稲盛和夫先生
本を出版して頂き
ありがとうございます。
勉強になります。
m(_ _}m 

今日も元気にいきます(笑顔で^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました