エビデンス

言葉(language)
DSC_1427
スポンサーリンク

エビデンス

エビデスンは、
「証拠、根拠、形跡}
という意味です。
主に
「裏付けがされていますか?」
という意味で使用されます。
例えば、
会議の議事録やメールなど、
見える形で残すことを
「エビデンスを残す」
と表現します。
上記Yahoo調べ

リマインド

リマインドは、
日本語で「思い出させる」
「思い起こさせる」
の意味があります。
「念押し確認」「再確認」と
同じ二ュアンスで
用いられる言葉です。
(上記Yahoo調べ)

仕事をする上でも
リマインド(再確認)
は、需要です。
決定的なミスをしないように
念押し確認します。

エンパワーメント

意味は、一人一人が本来
持っている力を発揮し、
自らの意思決定により
自発的に行動できる
ようにすること。
(上記Yahoo調べ)

それぞれの人が、
適材適所で力を発揮し
楽しく仕事出来たら良いです。
プラス思考で行動です。

コンプライアンス

コンプライアンスは、
単語そのものの意味は
命令や要求に従うこと
を指します。
日本語では「法令遵守」と
訳されることが多く、
企業においては
定められた法律や規則を守って
経営を行うことを指します。
(上記Yahoo調べ)

日本は法治国家です。
法律を守り仕事をし
民主的に考え
(選挙、国民投票の時は出来るだけ参加)
健全生活です。

コンプライアンスを守るをChatGPTに聞きました

コンプライアンスを守ることは非常に重要です。コンプライアンスは法律や規制を順守し、倫理的なビジネス慣行を実践することを通ります。コンプライアンスを守ることによって、法的なトラブルや不正行為のリスクをまた、コンプライアンスを守ることは顧客や取引先と認識関係を築くのにも役立ちます。

コンプライアンス承認は重大な法的および経済的なリスクを伴うことがあり、罰金や慎重の原因となる可能性があります。そのため、組織や個人はコンプライアンスに配慮し、関連法律や規制に準拠することがございますさらに、組織内でのコンプライアンス意識を高め、トレーニングや教育従業員にコンプライアンスの重要性を理解させることが大切です。

コンプライアンスの重要性を認識し、守ることは組織や個人の長期的な成功に貢献します。

リテラシー

リテラシーとは、
原義では
「読解記述力」を指し
現代では「何らかのカタチで 
表現されたものを
適切に理解、解釈、分析し
改めて記述、表現する」
という意味に使われる
ようになりました。
(上記Yahoo調べ)

仕事のリテラシーを高め
(今までとは違うオペレーション)
集中し新たに挑戦します。

ポラティリティー

一般的に価格変動の
度合いを示す言葉です。
「ポラティリティーが大きい」
とゆう場合は、
その商品の価格変動が大きい
ことを意味します。
(リスクが高い商品)
「ポラティリティーが小さい」
とゆう場合は、
その商品の価格変動が小さい
ことを意味します。
(リスクが低い商品)
(上記Yahoo調べ)

新聞、本を読んで
YouTubeを見て勉強です。

リユース

リユース、英語で「再利用」
という意味の単語です。
使用済みの製品を
繰り返し使うことを意味します。
「一つのものを捨てずに
大切に使うこと」
リユースを可能にする
製品の提供、修理など
アフターサービスの充実も
リユースに含まれます。
(上記Yahoo調べ)

限りある資源を大切にし
使える製品は、
有効利用します。

KPI(重要業績評価指数)

K(Key)  
P(Performance)
I(Indicator)
の略で、簡単に言えば
中間目標を意味し、
あくまでもゴールに
向かうプロセスの目標値です。
(上記Yahoo調べ)

一般的にKPIの 
目標設定によって
重視する視点が異なります。
最終的にKPIを
達成し利益をだす。
KPIの設定によって
販売方針は変わります。

正しい目標設定し
理解、実行しそして目標達成、
ブレない経営です。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました