座右の銘について

言葉(language)
スポンサーリンク

出光佐久三氏の格言について

出光佐久三氏による代表的な格言として、次のものがあります。

「明るい社会のために力を尽くすこと」
この格言は、出光興産の経営理念であり、明るく希望に満ちた社会を創造するために、出光興産としての力を最大限に活かすことを呼びかけています。

「自己の利益を一番にするな。まず他人を幸せにせよ」
出光佐久三氏は、人間尊重を重視し、他人の幸せや利益を優先することの重要性を説いています。この格言は、利他的な思考や共生の意識を育むことを促しています。

「謙虚さと感謝の心を持て」
出光佐久三氏は、謙虚さと感謝の心の重要性を強調しています。これは、自分の成果や地位に驕ることなく、謙虚な姿勢を持ち続けることで、周囲の人々との関係を築き、成長していくことを意味しています。

これらの格言は、出光佐久三氏が経営哲学として持っていた価値観や思考を反映しています。彼は長い間出光興産を牽引し、その経営理念を実践しました。
ChatGPTより

座右の銘と自立心

座右の銘とは
自分への励ましや戒めのために、
日頃から心に留めておく言葉や格言です。
上記Google調べ
【自分の足で立つ】
学び続けてコツコツ努力し自分を成長させる。
(ローマは一日にして成らず)
(千里の道も一歩から)
日々の努力が大切です。
↑O先生作
光市絵手紙展の
O先生の座右の銘は、
「自ら顧みて尊い人になれ」
(出光の人間尊重です)

自分が顧みるのであって、
人が何といってもいい。
自分が顧みて尊い人間に
なるいうことは、
人が「馬鹿」といったて、
自分が馬鹿でなければ
いいじゃないか
ということだ。
反対に
「あなたは偉い人ですね」
とおだてられて、
偉がっておる馬鹿がおるか。
自分が顧みて、
人間として恥ずかしくない
人であればいい。
道徳をわきまえている人、
お互いということを
わきまえておる人であれば
いいのであって、
自分から顧みて
尊い人であって、
人からいわれることではない。

我々の人間尊重は
他人が何を言おうが、
自分が自分を顧みて
立派な人間になる
ということだ。

「自問自答して日々鍛錬せよ」より
↑O先生作
O先生は、
日々、
自問自答され
鍛錬されています。
有言実行で、
絵のスペシャリストなのに
謙虚姿勢です。

勉強になります。
m(_ _)m
↑O先生作
O先生を見習い
自問自答し
努力を重ねます。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました