言葉【ことわざ】立つ鳥跡を濁さず

言葉(language)
DSC_0496
スポンサーリンク

立つ鳥跡を濁さずをChatGPTに聞きました

「立つ鳥(立ち去る鳥)は跡を濁さず」になります。 鳥が地面に立っている跡が濁らずに残るように、人々は自分の行動や行動が終わった後でも、後に1. 謙虚さと控えめさ: 立った鳥が跡を残さないように残すそうように、自分の功績や行動を大きくアピールするために、謙虚に控えめに振る舞うべきだという教えがあります。
引き際の戒めを 
説いた言葉です。
去る様子が見苦しくなく、
引き際が潔い様を
表しています。
上記 Google調べ
不要な物を捨て
スッキリした気持ちで
過ごします。
↑O先生作

足るを知る者は富むをChatGPTに聞きました

「足るを知る者は富む」という言葉は、日本の格言や諺の一つです。この言葉の意味は、「自分が必要とするものを正しい範囲で満たすことを知っている人は、本当の富を持っている」ということを表しています。

この格言は、物質的な富だけでなく、心の豊かさや満足感を求めても使われます。 欲望や貪欲さに囚われず、現状持っているものや状況に感謝し、十分なものとして受け入れることが大切であるという教訓を含んでいます。

この言葉は、人々に物事を客観的に見て、無駄な欲望に囚われずに満足感を感じることの大切に教えてくれます。集中し、それを手に入れることで本当の豊かさが得られるという教えが込められています。

この格言は、節度と控えめさの美徳を重んじる日本の文化や価値観に基づいています。 欲望を抑え、必要なものを知り、それを満たすことで真の富と満足を得ることができるというメッセージが込められています。
中国の思想家
老子の言葉です。

何事に対しても
「満足する」と
いう意味をもつことで
精神的に豊かになり
幸せな気持ちで生きていける。

不満を言っても
自分がみじめになり
状況は変わりません。
(上記Yahoo調べ)

心機一転(しんきいってん)

気持ちを
新しく切り替えること
を意味する言葉です。

新しいことを始める時や、
何か好ましくないことが
続いたとき、あるいは何かに
取り組む事が
マンネリ気味になった時など、
気持ちを切り替えたいと
考える機会は
少なくありません。

「心機一転」

という言葉を使って、
その時の気持ちや状況を
表現してみましょう。
上記Google調べ
日々、
状況は変化しています。
足るを知り
感謝の気持ちを忘れず
楽しく
人生の旅を続けさせて
いただきます。

郷に入っては郷に従うをChatGPTに聞きました

「郷に応じては郷に従え」という言葉は、異なる地域や文化に浸透した場合には、その地域の習慣やルールに従うべきだという意味を持ちます。の適切として振る舞う際には、その場の慣れやルールに適応する必要があるということを示唆しています。

この言葉は、異なる地域や文化を訪れる際に、自分の独自の慣れやルールを認識せずに、相手の文化や社会に配慮して支払いながら行動することの重要性を説いています。文化では、価値観やが異なる場合がありますので、習慣、それに適合することで協議なコミュニケーションや調和を保つことができます。

ただし、この言葉は全ての場面において絶対的に正しいというわけではありません。特定の場合には、自分の信念や原則に忠実であることが重要な場合もあります。や人権の侵害などが関与する場合には、異なる文化や地域のルールに違反することが無い場合もあります。

総じて言えることは、「郷に入っては郷に従え」は、相手の文化や環境に配慮を払いながら、適切な判断をすることが重要であるということです。価値観を重視しつつ、相手との共存双方向で求められるや場面でこの言葉になります。
その土地やその環境に
入ったならば、
そこでの習慣や
やり方に従うのが
賢い生き方である。
(上記Yahoo調べ)

郷に従うために

①理念が共感できる。
②目標がある。
③やりがいがある。
④納得できる。
⑤コミュニケーションが
 出来ている。
いやいや従うことは出来ません。

人の話をよく聞き
納得できる組織にし
効率よく
成果の出せる
仕事をします。
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

■法人向けに特化したヘテムル
👆
【SSL契約でドメインが永久無料】
クイック認証SSLや企業認証SSLなど、法人には欠かせない有償SSLを契約すると、ドメインが永久無料です。
※0円で導入可能な「Let's Encrypt」はずっと無料の対象外となります。
【充実のバックアップ機能】
1日1回の自動バックアップ機能をすべてのお客様に提供しています。
【稼働率99.99%】
24時間365日の有人監視により、稼働率99.99%を確保。

コメント

タイトルとURLをコピーしました