言葉【ことわざ】枯れ木も山の賑わいChatGPTに聞きましたを

言葉(language)
DSC_0603
スポンサーリンク

枯れ木も山の賑わいをChatGPTに聞きました

「枯れ木も山忙しい」という言葉は、自然の中で見られる景色や風景に対する考え方を表現した日本のことわざです。この言葉は、枯れた木や枯れ草など、見た目には美しくないものでも、山や自然の中では一つの景観や生態系の一部として重要な存在であることを意味しています。
このことわざは、自然の中での一体感や共生の概念を示唆しています、自然界においては、枯れ木や落ち葉、草花の枯れた姿も、生命の循環や生態系の一部として重要です枯れ木が土壌に栄養を提供し、小動物や昆虫がその中で生活し、それがまた他の生物や植物の生態系を支えているような具体的な例も存在します。
「枯れ木も山盛り」は、見た目に華やかさがなくとも、自然や社会において重要な存在であることを教えてくれる言葉です。
枯れ木も山の風致を
添えるものである。
つまらない物も
数に加えておけば
無いよりはましである
ことのたとえ。
上記Google調べ
DSC_0605

木を見て森を見ずをChatGPTに聞きました

「木を見て森を見ず」という表現は、一つの部分や個別の要素にとらわれて全体を見落とすことを指すことわざです。この表現は、人々が細部にこだわりすぎて全体の視点を失ってしまうことを警告するために使われます。

具体的な例としては、ある問題や状況において、人々が個々の要素や詳細にこだわりすぎて、全体的な視野を失ってしまうことがあります。その結果、重要な全体像やパターン、関係性を見逃してしまい、的確な判断や解決策を見つけることができなくなる可能性があります。

この表現は、より広い視点を持つことの重要性を強調し、物事を総合的に見ることで深い理解や洞察を得ることができるという教訓を伝えています。
物事の細部に
捉われると
全体を見失うこと。
上記Google調べ

着眼大局をChatGPTに聞きました

「着眼大局」とは、ある状況や課題を解決するために、局所的な視点や細かい問題に囚われず、全体の広い視野で考えたり、大きな局的な視点ってことを警戒します。何かや利益局的な問題に考えず、長期的な目標や全体の利益を考えて判断して行動することです。

「着眼大局」は経営や戦略意思決定、政策立案などの様々な分野で重要視される概念です。 具体的な例としては、企業が新たな商品やサービスを開発する際に、一時的なニーズあるいは競争との競争だけでなく、市場の将来の動向や顧客のニーズの変化などを考慮して戦略を立てることができると挙げられます。

政治の場でも、政策を考える際に割り切って人気獲得のためだけでなく、国や地域の発展や長期的な利益を考慮して意思決定することが重要です。着眼大局を持つことで、より持続可能で総合的な解決策を見つけることができます。

着眼大局は、細部にこだわりすぎることが逆に全体のバランスを落としたり、将来を見落とす可能性があるという点が重要です。全体の視点を持ちながら、目的や目標に沿った戦略を立てることが求められます。
物事を全体的に
大きくとらえること。
また、広く物事を見て、
その要点や本質を
見抜くこと。
上記Google調べ

百聞は一見に如かずをChatGPTに聞きました

「百聞は一見に如かず」という言葉は、日本のことわざであり、直訳すると「百回聞くよりも一回見るほうがいい」という意味になります。これは、何度も聞くよりも一度見るほうが理解が早いということを表しています。

このことわざは、情報や経験を直接目で見ることが、それを聞くよりも深く理解する手段であることを示しています。例えば、絵や写真を見ることで風景や物の姿を理解するのは、何度も人から説明を聞くよりも迅速で正確な方法です。

また、このことわざは、経験を積んで自身で物事を確かめることの重要性も示しています。他人の話や伝聞ではなく、自分自身で物事を見聞きし、体験することで本当の理解を得ることができます。

要するに、「自分の目で見て、体験してみることが最も信頼性の高い知識の獲得方法である」ということを伝えています。
「百聞は一見に如かず」とは、
人から何度も聞くより
一度自分の目で見るほうが
確かでありよく理解することが
できるという意味です。
(上記Yahoo調べ)

私の身近な人たちは、
1,パン屋開業  
(食べてみたい)
2,よもぎ蒸し開業
(どんな空間か見てみたい)

チャレンジ精神に敬服します。 
m(_ _)m
身近な人の
チャレンジ精神を見習い
今できる事に集中し
準備、努力し成果を上げます。

時は金なりをChatGPTに聞きました

「時は金なり」という言葉は、時間の大切さを表現したことわざです。これは、時間が貴重な資源であり、無駄に使うことはできないという意味を持っています。時間は一定の量しか与えられておらず、一度失われると二度と戻ってこないため、大切に使うべきだという教訓を含んでいます。

この言葉は、時間を有効に活用し、無駄に使わずに大切にすることの重要性を念頭に置くために使われることがあります。時間の適切な管理や効率的なスケジュール作成は、仕事や学業、プロジェクトの成功において重要な要素とされています。

ただし、この言葉はあくまで比喩的な表現であり、時間と金銭を完全に等価視するものではありません。お金は必要なものであり、一定の価値を持つ一方で、時間は人々の生活においてより基本的で貴重な要素です。
時間はお金と同様に
貴重なものだから、
決して無駄にしては
いけないという戒め。
上記Google調べ
商品を買う時の
私の考えは、
①早くほしい  
②安くほしい  
③価値のあるものが欲しい
④気持ちよく買いたい
⑤お得に買いたい  
(ポイントなどが付く)
売る時も買う時も
自分の気持ちに正直に
多方良しの精神で
売り買いします。
^^/
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました