言葉【ことわざ】身から出た錆をCATGPTに聞きました

言葉(language)
スポンサーリンク

身から出た錆をCATGPTに聞きました

「身から出たさび」とは、日本の諺(ことわざ)の一つで、「自分の行動や言動が原因で、起こった悪い結果や災難は自分が責任を持つべきものだ」という意味を持ちます。他の人や環境のせいにせず、自分自身の行為がもたらした結果には自己責任を持つべきという教訓が込められています。

例えば、自分の不注意で失敗したり、他人を傷つけてしまったりした場合に、「身から出たさび」という諺が使われることがあります。この諺は、人々に慎重さと責任を持つ重要性を教えるために伝えられてきました。自分の行動に対して責任を持つことで、失敗を糧として成長し、同じ過ちを繰り返さないようにすることが望ましいとされています。
自分の行為の報いとして
禍災を被ること。
自分の悪行の
結果として
自分が苦しむこと。
(上記Google調べ)
身から錆が出ないように

5つの思考

①物事に真剣に取り組む
②平和な気持ちを持つ
③感謝の気持ちを持つ
④自分を大切にする
(同じように人を大切にする)
⑤正しい考え方で臨む
思考は運命を変える

思考に気を付けなさい
それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから
行動に気を付けなさい
それはいつか習慣になるから
習慣に気を付けなさい
それはいつか性格になるから
性格に気を付けなさい
それはいつか運命になるから
(上記マザー・テレサの名言より)

言葉、行動に気を付けます。
DSC_0569

思い立ったが吉日をCATGPTに聞きました

「思い立ったが吉日」とは、日本のことわざであり、直訳すると「思い立ったことを行動するのに良い日」という意味です。このことわざは、行動する際には適切なタイミングを逃さずに行動することの重要性を表しています。

人間は、何かを考えたいと思ったときに、その気持ちを持続させることが難しいことがあります。しかし、「思い立ったが吉日」ということは、思い立った時には勇気を持って即行動に移すことが大切だと教えています。

行動を先にしてやってしまったり、機会を逃してしまったり、やる気が薄かったりすることがある。への近道であります。

このことは、積極的に行動し、決断力を持つことの重要性を強調するものであり、成功や達成に対して前向きな姿勢を示唆しています。
何かしようと決意したら、
そう思った日を吉日として
すぐに取り掛かるのが
良いという意味
上記Google調べ
2023年 私のテーマ
感謝のカンちゃん
^^/
決めたことを実行中です!!
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました