言葉【ことわざ】類は友を呼ぶ

言葉(language)
スポンサーリンク

類は友を呼ぶ

類は友を呼びますと言われることがあります。この表現は、似たような属性や特徴を持つ人々はお互いに引っ張られる傾向があるということを指しています。人々と交流することで、わかりやすい環境を目指したり、共通の趣味や興味を持ったりすることができます。

この表現は、友人関係だけでなく、様々な人間関係やグループの形成もあります。例えば、同じ職場や学校にいる人は、共通の環境や目標を持っていることが多く、自然とつながりやすいです。

ただし、類は友を呼ぶという言葉が全ての場合にはわけがありません。 人間関係は多様で、異なる背景や特徴を持つ人々とも深い絆を築くことができます。との交流、新たな知識や経験を得る事もできます。

ChatGPTより
同じような考え方や
趣味を持った人が
自然と集まって仲間を作ること
(上記Google調べ)

光陰矢の如し

月日が過ぎるのは矢のように早い
とゆう意味のことわざです。
(上記Yahoo調べ)

今やることは 
①1日1日を大切に過ごす。
(優先順位を付けて実行する)
②勉強し準備、努力する。
(人と会話し良い所を吸収する)
(本を読む、YouTubeを見る)
③出来ることを実行する。
(ご縁のある人々を大切にする)
④軽度な運動する。  
(健康に注意する)
⑤睡眠をしっかりとる。
(よく寝れます)

生き方より

正しい生き方とは、けっして難しいこと
ではないはずです。
子供の時に親から教わったごく当たり前の道徳心
嘘をつくな、正直であれ、人をだましてはいけない、
欲張るな、そういうシンプルな規範の意味を
改めて考え直し、それをきちんと遵守することが
いまこそ必要なのです。

上記 稲盛和夫先生「生き方」の本より

人間万事塞翁が馬

「人間万事翁が馬」ということわざは、日本の諺(ことわざ)の一つであり、意味は予測不可能なことが起こるということを表現しています。と思われるかもしれないが、後には幸運につながる可能性があるということを教えてくれます。

このことわざの由来は、中国の故事にあります。しましたが、数日後、その馬は野生の馬と一緒に戻ってきました。 そして、野生の馬は非常に優れた品種であり、塞翁の馬の価値を上げました。て、最初の不幸が実は幸運だったと気づいたのです。

このことわざは、人生や出来事が予測不可能であることを示しています。 最初は不運に見えることが、後には幸運や良い結果につながることもあるのです。とりあえず、諦めずに前向きな姿勢を持つことが大切です。

人間万事翁が馬ということは、一見偶然と不運の逆転を表現しているように見えますが、実際にはもっと広い意味を持っています。 、どんな状況でも前向きに受け入れることが重要です。
ChatGPTより
よくしてくださる皆様のおかげで
楽しく過ごして来れました。
これからも楽しくいきます。
そして努力、精進します。
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました