言葉【ことわざ】鶏口となるも牛後となるなかれ

言葉(language)
DSC_0361
スポンサーリンク

鶏口となるも牛後となるなかれ

大きな集団の中で
末端になるよりより
小さな集団であっても
トップやリーダーに
なるほうが良い。
(上記Yahoo調べ)
適材適所で活躍です。
5つの考え 
①得意を活かす。
②無理をしない。
③楽しく仕事をする。
④型にとらわれない。
⑤実行、成果を上げる。

今の立場、環境で、
努力、実行
成果を上げます。

二兎追うものは一兎も得ずをChatGPTに聞きました

「二兎追うものは一兎も得ず」という言葉は、日本のことわざや諺の一つです。これは、同時に複数の目標や利益を追い求めると、結局どれも手に入らないということを表現しますしています。

具体的には、一度に複数のことをしようとすると、注意力やリソースが分散されてしまい、結果としてどれも十分に達成できないという意味です。どちらかに集中することでより良い結果が得られる可能性があります。

この言葉は、効率的な時間管理や優先順位の付け方を教えて教えるとして使われることがある。一つの目標や仕事に集中し、それを達成した次の目標に取り組むことで、より成功を告げることができるという教えを示しています。
欲張って複数のことを
成し遂げようとしても
失敗するから、
1つのことを
集中して行うことが
良いという
格言のようなもの。
(上記Yahoo調べ)

初心に戻り 
初志貫徹実行です。
色々な事を勉強です。
m(_ _)m

馬の耳に念仏

馬にありがたい
念仏を聞かせても
無駄であること。
いくら意見をしても
全く効き目のない
ことのたとえ。
(上記Google調べ)

人の話をよく聞く
(聞き上手)
①何が言いたいか理解する
②解からなかったら再度聞く
③最後までしっかり話を聞く

人の話を聞く
姿勢が大切です
聞き上手になって
先方の望みを理解し
最適提案です。

弱い犬ほど吠える

権力や自身、能力が
足りない人ほど
周囲の人に対して
横柄な態度をとる
姿を表している。
(Yahoo調べ)

上司Kさんがよく
このことわざを
使っていました。

吠えないように
気を付けます。
(笑)

糠に釘(ぬかにくぎ)をChatGPTに聞きました

「糠に釘」の句は、日本語の慣用であり、意味としては「無駄な努力」や「本末転倒」というニュアンスを持ちます。 具体的には、糠(ぬか)は米を精進する米際にできるゴミや殻のことであり、釘は鋭利であるため、糠の中に釘を打つことは困難で無駄な行為とされます。

この表現は、なんとかの効果や意味が薄い、成果が得られない、あるいは本質的な問題に取り組むべきにもかかわらず、取るに足らないことに時間や労力を費やしている状況を指す際に使われます。
糠に釘を打っても
手ごたえがない
効き目がない事
(上記Yahoo調べ)

手ごたえ無くても
工夫して考え行動し
やりたい事を実行します。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました