終活前編2023年版(生前整理をChatGPTに聞きました)

言葉(language)
スポンサーリンク

生前整理

生前整理は、人々が自分の人生や財産に関する事柄を整理し、将来の準備をするプロセスです。以下に、生前整理を行う際に考慮すべきポイントをいくつか挙げます。

目標の設定: 生前整理の目的や目標を明確に設定しましょう。例えば、自分の遺産や資産を整理して家族に負担をかけないようにする、大切な文書やアイテムを整理して見つけやすくする、自分の最期の意思を伝えるなど、個人の希望やニーズに合わせた目標を立てます。

文書の整理: 遺言書、保険証券、貯蓄口座や投資口座の情報、不動産の登記簿、重要な契約書など、重要な文書を整理しましょう。これらの文書は安全な場所に保管し、信頼できる人にその場所を伝えることが重要です。

財産の整理: 財産や資産を整理し、将来の相続人に対して明確に伝えることが大切です。不動産や投資、貯蓄、保険など、自分の財産や資産について詳細な情報をまとめ、相続人や信頼できる弁護士や財務アドバイザーに相談することをおすすめします。

物品の整理: 不要な物品を整理し、整理整頓された状態にすることも重要です。不要なものを処分したり、家族や友人に贈ったり、寄付したりすることで、生前整理をよりスムーズに進めることができます。

デジタルアセットの整理: オンラインアカウントやデジタルアセットも整理しましょう。パスワードやログイン情報を安全な場所に保管し、大切なデジタルアセット(写真、動画、ファイルなど)を整理して、家族や遺産管理者がアクセスできるようにすることが重要です。

遺志の伝達: 生前整理の一環として、自分の最期の意思や遺志を伝える手段を整えましょう。遺言書などを活用しましょう。
生前整理とは、自分が亡くなった後に残される遺品や物品を整理することです。以下は生前整理を行う際の一般的な手順です。

目的を明確にする:生前整理の目的を明確にし、自分の希望や思いを整理することが大切です。例えば、家族に遺産を残すことや、家族や友人に負担をかけずに整理することが目的である場合もあります。

物品を整理する:物品を整理するために、捨てるべきものと残すべきものを分けることが必要です。また、残すべきものは、整理しやすいように整理する必要があります。

遺言書を作成する:遺言書を作成することで、自分が亡くなった後の財産の分配や、自分が希望する形で葬儀を行うことができます。

遺品を整理する:家具や衣類、書籍、写真などの遺品を整理することが必要です。これらの遺品は、捨てるべきもの、寄付するべきもの、家族や友人に譲るべきものなどに分けることができます。

参考になる資料を集める:生前整理には、参考になる書籍やウェブサイトがあります。これらの資料を集め、自分に合った方法で整理を進めることができます。

家族や友人と話し合う:生前整理を行う際には、家族や友人と話し合うことが重要です。遺品の処分や遺言書の内容など、自分の思いを共有し、納得のいく形で整理を進めることができます。

生前整理は、自分が生きているうちに行うことができるため、家族や友人に負担をかけずに遺品を整理することができます。自分の思いを整理し、自分に合った方法で整理を進めることが大切です。

①断捨離

物の整理

1,要るか要らないか判断 
(元気な時に自分自身で判断)

2,要らない物を処分する
①友人にあげる    
②売って小遣い稼ぎ
③捨てる    

3,要る物の整理整頓    
①大切な物を分け  
置き場所を決める。
(置き場所忘れないように)
信頼出来る人に伝える。

②普段使う物を  
取りやすい所に置く。

③思い出の物など 
捨てられなかった物を 
出来るだけ1っか所に置く。 
(何時でも捨てれるように)

②医療保険

公的医療保険
(国民皆保険)

1,健康保険 
(保険料を労使折半)
受けられる給付
①療養給付
(医療費原則3割負担)
②高額医療費
(超過分支給)
③傷病手当金
④出産育児一時金
⑤出産手当金
⑥埋葬費  

2,国民健康保険 
(市町村が保険者)
内容は健康保険とほぼ同じ  

3,退職後の医療保険
①国民健康保険に加入する
②任意継続被保険者  
(2年間で保険料全額自己負担)
③家族の被扶養者になる

4,後期高齢者医療制度
 原則75歳以上
 公的年金から保険料天引き
 医療費負担 原則1割
   (上記FP3級参考)

民間保険は内容を理解し
必要なら契約し
自己責任で対応です。

老後は体力衰えます。
頼る保険を考え勉強し
準備します。

③介護保険

平成12年から施行 
介護保険制度

1,被保険者
①第一号被保険者 市区町村内 
(65歳以上)       
②第二号被保険者 市区町村内 
(40歳~65歳未満)
(医療保険加入者)

2,保険者は、市区町村です。

3,受給者
介護保険の受給のために
市区町村から認定を受けます。
①要介護者
②要支援者
認定を受けたら
介護保険の受給者です。
介護保険と医療保険の給付が
重なる場合は介護保険が優先です。

4,種類と内容  
保険給付3つ
①介護給付
要介護者に対して行う給付
②予防給付
要支援者に対して行う給付
③市町村特別給付
当該市区町村独自の保険給付
内容
①住居サービス
②施設サービス
認定には有効期限あり
再び認定を受ける。

介護支援
介護支援専門員を中心に決められ
サービス計画作成する。

(上記 FP3級参考)

終活中編に続きます。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました