終活後編2023年版(ChatGPTに遺影写真の準備を聞きました)

言葉(language)
スポンサーリンク

遺影写真の準備

遺影写真は、故人の亡くなった後に使用される写真であり、葬儀や追悼の場で展示されることがあります。遺影写真は、故人の思い出を大切にするために非常に重要です。以下に、遺影写真の準備についての一般的な手順を説明します。

適切な写真の選択: 遺影写真には、故人が元気で幸せそうな表情をしている写真を選ぶことが一般的です。ポートレート写真や家族写真など、故人を最もよく表現している写真を選びましょう。

写真の修正: もし必要であれば、選んだ写真をデジタル修正することができます。色の補正や傷の修復など、写真の品質を向上させるために修正を行うことがあります。

遺影写真のサイズ調整: 遺影写真のサイズは、展示場所やフレームに合わせて調整する必要があります。一般的な遺影写真のサイズは、4x6インチや5x7インチですが、特定の要件がある場合もあります。

フレームの選択: 遺影写真をフレームに入れることで、より格式高く美しく見せることができます。フレームは木製や金属製などさまざまな素材で作られており、故人の個性や好みに合わせて選ぶことができます。

文字や装飾の追加: 遺影写真には、故人の名前や生年月日、没年月日などの情報を入れることがあります。また、故人の好きな言葉やメッセージ、シンボルなども追加することができます。

展示の準備: 遺影写真を展示する場所や形式によって、適切な準備が必要です。葬儀場や追悼会場では、写真を台に乗せて展示する場合や、故人の周りに飾る場合などがあります。

以上が一般的な遺影写真の準備手順です。

⑦葬儀

葬儀の種類

一般葬
メリット
友人知人を招き縁を大切にする。
デメリット
参列者多いと料金高くなる。

家族葬
親族や親しい友人知人のみ招く。
メリット
価格が安くゆっくり出来る。
デメリット
参列出来ない人が出る。

一日葬
メリット
料金安く1日で終わる。
デメリット
故人を見送る時間少ない。

火葬式
メリット
費用安く時間短縮
デメリット
お別れの時間極端に短い

その他
色々なパターンあります。

普段からお寺さんと会話し
どのパターンで
何処で葬儀するか?
費用を含め考えておく。
自分の価値観で考え
参列者、連絡先など
元気な時に家族間の
打ち合わせ大切です。

⑧お墓

自分の眠る場所です
静かで穏やかな場所に
眠りましょう。

お墓の位置大事です
墓守が墓参りし易い所
末代まで守ってくれる
場所を選び
自分の価値観を
次の世代へ伝える
安心して眠る。

家族間の会話で
方向性大切です。
ご先祖に感謝し
末代まで安泰です。

早めに信頼出来る人に
相談です。

⑨終活まとめ

ポイント5つ
1,人生の価値観の整理    
2,日記をつける       
 (価値観変わるかも) 
3,前向きに楽しく考える    
4,信頼できる人に
 大事な事を伝える
5,身体が動ける時に行動する  

 私の思考5つ
1,1日1日大切に
  楽しく過ごす
2,子孫繫栄
(教育投資)   
3,家、土地
(負債にしない) 
4,相続 
家族会話大切、税金心配なし
5,墓 
(心配なし、墓守育成課題)

認知症になる前に
家族と相談し
自分で出来る事は、
早めにに実行です。
(預金の引き出し、家、土地の権利など)

人生には限りがあります。
今を楽しく未来図を考え
前向きに
元気にいきます。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました