大晦日

言葉(language)
スポンサーリンク

2023年12月31日大晦日

晦日(おおみそか)は、日本や他の多くの国で特別な行事や習慣があります。以下は、日本の大晦日における一般的な行事や習慣のいくつかです。

年越しの準備とお掃除: 大晦日には家や身の回りをきれいにする「大掃除」が行われます。これは新年を迎えるにあたり、清めるという意味が込められています。

年越しそば(年越し蕎麦): 大晦日の夜には、年越しそばを食べる習慣があります。これは長寿と健康を願う意味があります。蕎麦は切れやすいため、「縁を切る」という意味合いもあります。

除夜の鐘(じょやのかね): 寺院などで大晦日の夜、108回の鐘を鳴らすことがあります。これは108つの煩悩を打ち消し、新しい年を清らかに迎えるための儀式です。

紅白歌合戦: 大晦日の夜には、NHKで「紅白歌合戦」と呼ばれる歌のイベントが開催されます。これは日本の歌手たちが競演し、視聴者が投票で選ぶ「紅組」と「白組」に分かれて対戦する歌合戦です。

初詣(はつもうで): 新年の初めに神社や寺院を訪れ、神仏にお参りする習慣があります。初詣は願い事や感謝の気持ちを述べる場でもあります。

年越しカウントダウン: 大晦日の夜、家庭や都市の中心地などで年を越す瞬間をカウントダウンして迎えることが一般的です。カウントダウンイベントや花火が行われることもあります。

これらの行事や習慣は、家庭や地域によって異なる場合がありますが、一般的には新しい年を清らかで幸福なものとするための儀式や楽しみが詰まっています。

来年も勉強し努力します

1,新NISAの活用
2,FP3級の取得
3,名古屋の熱田神宮参拝
日々、勉強努力します。
日日是好日
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
👇広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました