税金5

言葉(language)
スポンサーリンク

一時所得

一時所得の例
①懸賞、福引、クイズの賞金
②競馬、競輪などの払い戻し
③生命保険の満期保険料
 損害保険の満期返金など

非課税は
①宝くじの当選金
②ノーベル賞の賞金
など

一時所得の計算
一時所得=総収入金額ー支出金額ー特別控除
(最高50万円)
課税方法は総合課税です
(上記FP3級参考)

雑所得、山林所得

1,公的年金等の雑所得
①国民年金、厚生年金などの公的年金
②国民年金基金、厚生年金基金など

2,公的年金等以外
①生命保険などの個人年金保険
②講演料や作家以外の原稿料など

雑所得の計算
雑所得=
公的年金等の雑所得+公的年金等以外の雑所得
雑所得は課税方法は総合課税です。
山林所得は分離課税です。
特別控除額は最高50万円です。
(上記FP3級参考)

税金の控除の活用は重要をChatGPTに聞きました

税金の免除は個人や企業が節税を行う上で非常に重要な要素です。これにより、実際に支払われる金額が安くなり、税金の負担を軽減することができます。

個人の場合、得られる税や住民税などの税金を軽減するために、さまざまな種類の免除が活用されます。例えば、医療費免除、住宅ローン免除、教育費免除などがあります。これらの権利は、支出や状況に応じて異なる条件が適用される場合があります。

企業もまた、事業経費の控除節税を行います。必要な事業上の支出は経費として控除できるため、利益を削減させて税金を節約することができます。公正に準拠しながら適切に権利を活用することが重要です。税務や申告記録の正確さが求められます。

免除を活用することで、税金的な負担を軽減するだけでなく、個人や企業の経済計画や成長戦略に余裕を持てることもできます。に合わせた適切なアドバイスを税務専門家から受けることが推奨です。税法や規制は地域によって異なるため、専門家のアドバイスを受けることで適切な税戦略を構築できます。

所得控除の全体像

人的控除
所得控除
(控除額)
基礎控除 最高48万円
配偶者控除 最高38万円
配偶者特別控除 最高38万円
扶養控除 一般38万円
     特定63万円
老人58万円または48万円 

障害者控除 27万円
特別障害者は
40万円または75万円

物的控除
所得控除
(控除額)
社会保険料控除 支出金額
生命保険控除 最高12万円
地震保険料控除 支出金額
      (最高5万円)
小規模共済等掛け金控除
 (控除額)支出金額  

医療費控除 
(控除額)
支出金額ー保険金額-10万円

その他に
(控除額)
寡婦控除 27万円
ひとり親控除35万円
勤労学生控除27万円

雑損控除
①損失額ー課税標準×10%
②災害関連支出額-5万円  

寄附金控除 
支出寄附金-2000円=控除額
(ふるさと納税)
(上記FP3級参考)


納税し快適生活です

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました