税金4

言葉(language)
スポンサーリンク

給与所得

給与所得は
会社から受け取る
給料や賞与などの所得です。

非課税となるもの
所得税がかからない
通勤手当
(限度額は月15万円まで)
出張旅費など

給与所得の計算
給与所得=収入金額ー給与所得控除額
162,5万円以下は55万円控除
      ≀   
850万円以上は195万円控除

課税方法は総合課税です
①年収が2000万超の人
②給与、退職所得以外20万円超ある人 
③複数の会社から給与受けている人
は確定申告必要です。
(上記FP3級参考)

退職所得

退職によって勤務先から
受け取る退職金などの
所得退職所得の計算

退職所得=
(収入金額ー退職所得控除額)×0.5

課税方法は
分離課税です。
(ほかの所得と合算せず税額を計算)

「退職所得の受給に関する報告書」
を提出した場合
適正な税額が源泉徴収されるため
確定申告の必要はありません。

「退職所得の受給に関する報告書」
を提出しなかった場合
退職金額に対して20.42%税額が
源泉徴収されるため
確定申告を行い
適正な税額との差額を清算します。
(上記FP3級参考)

給与所得と退職所得をChatGPTに聞きました

給与所得とは、個人が雇用されて働くことによって収入のことを言います。これは通常、給与、賞与、ボーナス、手当などが含まれます。から受け取る報酬であり、給与から源泉徴収として得られる税や社会保険料が差し引かれて支払われることが一般的です。


 退職所得とは、個人が労働活動を終えて退職した後に収入のことを進みます。これには退職金、年金、厚生年金、私的年金などが含まれます。退職所得は、個人が労働市場から退いた後でも生計を立てるための収入源となります。

いずれも得られる税の対象となることが多いですが、各国の税法によって扱いが異なる場合があります。 給与得は通常、毎月の給与支払いの際に源泉徴収が行われ、年末調整などによって調整されます。退職所得に関しては、退職金や年金など課が支給される際に得税がせられることが一般的ですが、年金受給時の年齢や支給形態によって多少や微妙なルールが変わることがあります。

これらの結果に関する具体的な詳細や税金の扱いについては、居住地の法律や税制度に基づいた情報を確認することが重要です。

譲渡所得

土地、建物、株式、骨董などの
資産を売却することによって
生じる所得をいいます

非課税となるもの

生活用動産
(家具、衣類など)

国や地方公共団体に
寄付した場合の所得

譲渡所得の計算は
譲渡した資産および
所得期間によって
計算方法や課税方法が
異なります。

①骨董、書画など資産の譲渡
 総合課税
②土地、建物の譲渡    
 分離課税
③株式などの譲渡など   
 分離課税

譲渡所得の税率
土地、建物
分離短期譲渡所得39.63%
分離長期譲渡所得20.315%

株式 株式等に係る譲渡所得
20.315%
(上記FP3級参考)

譲渡所得をChatGPTに聞きました

「譲渡所得」とは、資産や財産を譲渡(売却贈与や与など)した際に得られる収入や利益のことを考えます。 。

具体的な例としては、不動産や株式などの資産を売却した際の売却益が譲渡所得になります。また、個人間での贈与も譲渡所得に含まれることがあります。

譲渡所得は、得られる税法や法律に従って区別されるため、国や地域によって異なるルールが適用されます。の税務訴訟や税理士などの専門家に相談することが重要です。
制度を理解し
適正対応です!
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました