税金3

言葉(language)
スポンサーリンク

配当所得

配当所得とは
株式配当金や投資信託の
収益分配金による所得です。

課税方法
原則として総合課税の対象
確定申告により差額の
税額を清算します。

上場株式の場合
源泉徴収20.315%
内訳 所得税  15%
   住民税  5%
復興特別所得税0.315%

非上場株式などは 
源泉徴収20.42%
内訳 所得税20%
復興特別所得税0.42%
(上記FP3級参考)

不動産所得

不動産の貸付による所得
土地の賃借料
マンションやアパートの
家賃収入など

不動産所得=総収入金額ー必要経費

総収入金額に含める例
①家賃収入
②地代収入
③礼金、更新料
など

必要経費の例
①固定資産税、不動産取得税
②修繕費、減価償却費、損害保険料
課税方法は総合課税で
確定申告が必要です。
(上記FP3級参考)

事業所得

事業所得とは
農業、漁業、製造業、卸売業
小売業、サービス業、その他の
事業から生じる所得です事業所得=総収入金額-必要経費

減価償却は、
建物や備品、車両などの
固定資産は使用しているうちに
価値が年々減少していきます。
その価値の減少分を見積もって
費用計上する手続きを
減価償却といいます。

減価償却の方法は、
定額法と定率法があり
選定した方法によって
計算します。

なお、
使用期間が1年未満のもの
取得価格が
10万円未満のものは
減価償却を行わず
取得価格の全額を
その年の必要経費にします。

課税方法は、総合課税で
確定申告必要です。
(上記FP3級参考)

「事業所得」、「配当所得」、「不動産所得」をChatGPTに聞きました

「事業所得」、「配当所得」、および「不動産所得」は、税金に関連する概念です。以下にそれぞれの意味を説明します。

事業所得(じぎょうしゅとく): 事業所得とは、個人または法人が行うビジネスや事業活動から得られる収益のことを言います。この収入からは、事業に関連する経費や費用を差し引いた利益が計算されます。 、得られた税の現金対象となります。

配当所得(はいとうしょとく): 配当所得とは、株式などの株式投資によって得られる利益のことを考えます。これは、企業が利益を上げた際にその一部を株主に配分する仕組みです。結果も得られる税の対象となります。

不動産所得(ふどうさんしょとく): 不動産所得とは、不動産(土地や建物など)に関連する収入のことを言います。不動産を全部することによって得られる収入や利益が不動産によって得られることとなり、これも得られる税の対象です。

これらの結果は、国や地域によって異なる差異が適用されることがあります。家に相談することをおすすめします。
なだまだ、税金の勉強必要です!

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました