日本の社会保障をChatGPTに聞きました

言葉(language)
スポンサーリンク

社会保障制度

日本の社会保障制度は、広範囲にわたる安全や支援を提供するために設けられています。

年金制度:日本には国民年金制度と厚生年金制度があります。国民年金は、国民全てが加入し、年金を受けることができる制度です。厚生年金は、企業や公務員などの労働者が加入し、退職後の年金受給資格です。

健康保険制度:健康保険は、労働者やその家族が医療費を安くするために加入する制度です。公的な健康保険や企業等が提供する労働者健康保険があります。

介護保険制度:高齢者や障害者の介護を支援するための制度です。介護が必要な人や家族が介護保険に加入し、サービスを受けることができます。


児童手当:子供を育てている家庭に支給される手当です。 子供の年齢によって支給額が変わります。

住宅手当:低所得者や特定の条件を満たす家庭に住宅費の一部を支給する制度です。

障害者福祉制度:障害者の生活を支援するために、雇用支援や福祉サービス等が提供されています。

労働災害保険制度:労働中や通勤途中に起きた事故や疾病による労働者損害を補償する制度です。

これらは主な社会保障制度の一部であり、日本の社会保障制度は多岐にわたり、継続的に改革が行われています。政府や関連機関のウェブサイトなどで詳細な情報を入手できます。
社会保障制度は
憲法25条に規定する
国民の生存権
国の社会保障の
努力義務に基づいて
全ての国民が
健康的で文化的な
生活を送れるよう
所得の保障や
援助を要する人々に
必要な給付を行う制度です。

1,社会保険の適用
社会保険がカバーする保険は
老齢
障害
死亡
失業
出産
介護

2,公的医療保険
①健康保険 
(民間企業で働く人)
 労使折半で負担  

②国民健康保険
地域保健
(加入は世帯単位)
(個人事業主など加入)

3,業務外の給付
①病気やけが         
(医療費原則3割負担)  
②高額療養費
(超過分支給)
③傷病手当金      
④出産した場合    
(1児あたり原則42万円)
⑤出産手当金       
⑥埋葬費       

4,退職後の医療保険
①国民健康保険に加入    
②健康保険の
任意継続被保険者となる
(期間2年間 全額自己負担)
③家族の被扶養者になる   

5,後期高齢者医療制度
原則75歳以上の人
公的年金から天引き
医療費の自己負担は
原則1割です。

(FP3級参考)

公的保険

種類
1,健康保険   
2,年金     
3,雇用保険   
4,労働者災害補償保険
5,介護保険制度 
 (平成12年から施行)

介護保険
市区町村が保険者です。
(お住いの市区町村に相談です)

労働者災害補償保険
(労災保険)
政府が保険者
(窓口は労働基準監督署)

雇用保険
(窓口は公共職業安定所)
給付の種類
①求職者給付 
②就職促進給付
③教育訓練給付
④雇用継続給付

(FP3級参考)

制度は変化していきます。
必要な時に
国や市区町村の窓口で確認
知っていたら活用出来る制度
有るかもしれません。
(申告しないと誰も教えてくれません)

社会保険

社会保険は、
①医療保険
②介護保険
③年金保険

労働保険は、
①労災保険
②雇用保険

公的医療保険は、
①健康保険
会社員とその家族
②国民健康保険
自営業者等とその家族
③後期高齢者医療制
75歳以上対象

被扶養者は、
被保険者の扶養家族
年収130万円未満でかつ
被保険者の年収の2分の1
未満である人

60歳以上または障害者は
180万円未満です。

(上記FP3級参考)

制度は
時代と共に変化します
公的社会保障を勉強し
使える制度は
最大限利用します。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました