株式と税金

言葉(language)
スポンサーリンク

株式と税金をChatGPTに聞きました

日本の株式市場と関連する税金について説明します。


1. 株式売買に関連する税金:
株式の売買にはいくつかの税金が関係します。

譲渡得税:株式を売却した際の利益に金銭される税金です。 売却価格から取得価格や手数料を差し出した利益が対象となります。期間が経過した場合には軽減されることがございます(特定口座等)。

住民税:譲渡得税と同様に、株式の売却による利益は住民税の対象となります。住民税の区別は地域によって異なります。

2. 長期譲渡得税軽減制度:
株式を購入してから一定期間(原則として1年)以上経過してから売却した場合、譲渡得税が軽減される制度があります。の譲渡により得られる税金よりも安くなることがあります。

3. 特定口座:
特定口座(つぎあけこうざ)は、一定の条件を満たす投資家が利用できる秘密で、売却から一定期間が経過した場合に譲渡得税が軽減される特典があります。の議論もありますので、詳細は専門家に相談することをおすすめします。

4. 青色申告特例:
個人が株式の取引を行う場合、特定の条件を満たす場合には青色申告特例を利用することができます。これにより、一定の経費を免除したり、譲渡所得税の計算方法が違うなどの特典があります。

重要な点は、税金に関するルールや規制は変更される可能性があるため、具体的な情報取得には公式な情報源や税理士などの専門家の助言を受けることが重要です。

上場株式等の課税方法

配当金
↓
配当所得(総合課税)
配当等を受け取る時に
所定の税率で源泉徴収される。
上場株式等の場合
税率は20.315%です。
一定の場合
申告不要とすることができる。
なお、
申告分離課税に
することができる。

売却損益
↓
譲渡所得(申告分離課税)
上場株式等の譲渡益にかかる
税率は20.315%です。
(上場株式等の譲渡所得等)
特定口座で「源泉徴収あり」
を選択した場合は
申告不要とすることができる。
上記FP3級参考

NISA制度

2014年1月から導入された
少額投資非課税制度を
いいます。

開設される口座は、
・一般NISA
・積み立てNISA
・ジュニアNISA
の3種類があります。

NISAは、イギリスのISAを
モデルにした制度です。
上記FP3級参考

2024年から新NISAです

2024年から
非課税枠生涯 1800万円
年の活用枠は、360万円
非課税枠が恒久化
年によって投資額が変えられる。
自分のタイミングで売却できる。
(国の制度を活用する)
制度は変わります。
変化に対応し快適生活です。

投資は自己責任です!
格言 (絶対に損をするな)

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました