年金制度 

言葉(language)
スポンサーリンク

年金制度をChatGPTに聞きました

日本年金制度は、国民一般の老齢、障害、遺族などの社会保障を守るために存在します。主な制度としては以下の3つがあります。

基本年金制度(国民年金制度): 国民一般が対象となる制度で、労働者や自営業者、無職の方などが対象です。保険料を納付することで、将来の年金給付を受けることができます年金給付は、納付した保険料の期間や額によって異なります。

厚生年金保険制度: 企業などで働く労働者が対象となる制度です。労働者と雇用主が保険料を負担して納付し、将来の厚生の年金受給を受けることができます。制度に比べて手当が高い傾向があります。

国民年金基金: 年金制度の運用資金を運用するために設立された基金です。運用成績によって年金給付額に影響を与える可能性があります。

日本の年金制度には、将来の高齢化社会への対応や、当面的な課題などが存在するため、政府や専門家の間で改革の議論も行われてきました。の情報については、日本の年金機関や政府の公式情報を参照することを推奨します。

公的年金の全体像

強制加入の公的年金
任意加入の私的年金
があります。

公的年金は
1,国民年金(20歳~60歳未満)
2,厚生年金(会社員、公務員)

企業年金等
確定給付型
将来の年金額が決まっている。
①厚生年金  
②確定給付企業年金
があります。

確定拠出型
一定の掛け金を
加入者が拠出、運用し
その運用結果で
将来の年金額が決まる。
確定拠出型年金
iDecoがあります。
↑(私は、利用しています。)

自営業者の為の年金制度
①付加年金  
↑(私は、利用しています。)
②国民年金基金
③小規模企業共済
があります。
(上記FP3級参考)

年金政策 

老齢基礎年金の年額は
780,900円
(2021年度)です。
繰上げ受給
65歳よりの早く受給
(60歳から)
繰り上げた月数×0.4%
減額される。
繰下げ受給
65歳より遅くの受け取り開始
(75歳まで)
繰り下げた月数×0.7%
加算される。
(2022年4月 年金法改正)
65歳以上になって
収入の切り札
年金制度を最大限に利用する。

まず年金シュミレーションで
自分の年金金額を把握する。
(それぞれ人によって金額違います)
例 65歳で
 年100万円受給の場合
受け取る年齢によって以下の金額です。
 65歳  100万円
 66歳 約108万円
 67歳 約117万円
 68歳 約125万円
 69歳 約134万円
 70歳  142万円 
    年利8.4%アップ
注意点
70歳で受け取り希望で
69歳で亡くなったら
遺族が65歳からの年金
4年間分は、
遺族が受け取れます。

また、受取額は減りますが、
60歳から受け取り可能です。
詳しくは日本年金機構に相談です。

付加年金

第1号被保険者のみの制度で
任意で400円を国民年金保険料に
上乗せして納付すること。
付加年金の納付月数×200円が
老齢基礎年金に加算されます。

(上記FP3級参考)

2022年 年金制度改正

年金制度は高齢者の収入の柱です。
制度改正には
少子高齢化が背景にあります。
今回の年金制度改正を理解し
最大限活用します。
改正点
1,繰り下げ受給 75歳まで       
2,個人年金制度iDeCo        
(自分年金)の見直し      
3,厚生年金の対象者拡大                
4,働きながらの年金受給の見直し    
活用
1.繰り下げ受給
例 65歳で年100万円受給の場合
(受け取り年齢)
70歳から142万円 
71歳 約150万円
72歳 約159万円
73歳 約167万円
74歳 約176万円
75歳  184万円 
    (年利8.4%)
2,個人年金制度iDeCo
 ①会社員も加入しやすくなる   
 ②加入年齢が
 60歳から65歳までに延長です。
3,4も該当者は、
厚生労働省のホームページ確認です。

iDeCo 個人型確定拠出年金

政府の政策で
自分で年金を作る
(自分年金)
背景は少子高齢化
公的年金だけだと老後不安です。
メリット
1,節税 掛け金全額控除
2,運用も非課税    
3,強制的に貯蓄を継続出来る   
4,受け取りも優遇税制   
5,差し押さえ禁止財産    
デメリット
1,長期運用でお金おろせない
 (例外あり)
2,元本割れリスクがある
3,手数料が掛かる  
4,受け取る時に工夫が必要
受け取れる年齢
運用期間が 
10年以上 60歳
8~10年 61歳 
6~8年 62歳
4~6年 63歳
4~2年 64歳
2~0年 65歳       
iDeCoに
向いている人
お金に余裕がある人
向いていない人
目の前の事で一杯一杯の人
(無理をしない)
掛けれる金額
個人事業主 68000円
公務員   12000円
主婦    23000円
会社員12000円~23000円 
(会社員はケースバイケースです)  
法改正
2022年4月 
受け取り開始が、    
70歳から75歳に引き上げ
2022年5月 
60歳から65歳に対象拡大
2022年10月 
会社員も使いやすくなる。
注意点 
1,運用会社を何処にするか  
銀行、証券、保険会社など約160社   
例(SBI証券、楽天証券など)
2、運用す商品を選ぶ(重要)    
(3~35の商品の中から選ぶ)    
3,無理をしない        
4,受け取り時注意です     
(勉強必要)       

老後対策をChatGPTに聞きました

貯蓄と投資: 積極的な貯蓄と投資計画を立てることは重要です。定期的に一部の収入を大切にして、投資資産を増やすことができます。ことも忘れずに。

年金制度の利用: 各国には年金制度が存在することがあります。公的年金や私年金制度に加入されることもあり、老後の生活をサポートする手段となります。

保険:医療保険や介護保険など、健康介護やに関する保険に加入することで、老後のリスクに備えることができます。

不動産のすべて: 自宅をすべてすることや不動産投資で収入を得ることも一つの方法です。ただし、不動産市場の変動や維持コストを考慮する必要があります。

副業や趣味を活用: 老後になっても趣味や得意なことを活用して収入を得ることも考えられます。これは退職後にも充実した生活手段となります。

健康管理: 健康な体と心を維持することも古い質を高めるために重要です。 定期的な健康チェックや適切な生活習慣の維持を心がけましょう。

家計の見直し:無駄な支出を削減し、必要な支出に資金を割り当てることも古い準備に役立ちます。

相続や遺産の計画: 資産や財産の相続や遺産の計画を事前に考えることで、家族への負担を減らすことができます。

これらは一般的なアイデアですが、具体的な状況に応じて、金融アドバイザーや専門家の意見を受けることを推奨します。また、老後の目標や希望を明確に計画し、それに向けて策定することが大切です。
終身年金を増やす
終身年金は生きてる限り
同じ金額毎年もらえる。
日本は長寿大国です
長生きリスクあります
老後不安を解消します。

形として
終身年金>生活費
の状態を作る。
出来るだけ貯金に手を付けない。
(緊急事態などに備える)
①国民年金ー繰り下げ受給検討 
 全員 
②厚生年金ー繰り下げ受給検討 
 会社員
   例65歳ー70歳                 
月16万円ー約23万円   
  (年利8.4%)        
③企業年金 会社員           
④国民年金基金 フリーランス    
例 
65歳で年金
年100万円受け取り
金額の人は
65歳~70歳は
iDeCoや積み立てニーサ
などでしのいで
働けるなら働いて乗り切り
70歳で国民年金を受け取る。
70歳で年142万円
範囲内で生活する。
一生 年142万円受け取る
142万>132万(生活費)
一生安泰です。

制度を利用して
今も節税し
老後の資金確保です。
勉強して無理なく利用自己責任で考えます。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました