就職活動を思い出す

言葉(language)
スポンサーリンク

大学の推薦の企業を訪問しました

学校の推薦をいただき
1社、会社訪問しました。
訪問者全体での説明があり
そのあとのに個別に
呼び出されてお話が出来ると
思っていましたが、
何もなく終わりでした。

学校の推薦があるから
といって必ず合格する
ことはありません。
ご縁がありませんでした。

何社か訪問したがご縁なしでした

その後、4~5社訪問し
面接を受けさせていただいた
企業もありましたが、
合格には至りませんでした。
それぞれの企業の考え方が
勉強になりました。

友人が不合格の会社を訪問しました

友人が不合格だった
会社を訪問しました。
受けた理由が、
友人からの情報で、
交通費が会社から支給された。
500円のテレフォンカード
がもらえた。
「親切な会社だな~」と思い
訪問し面接を受けました。
2次面接に呼んでいただき
有難いことに
合格をいただきました。

現在勤めている会社です^^

就職活動の会社訪問の注意点をChatGPTに聞きました

就職活動における会社訪問では、以下のような注意点があります:

事前準備:

会社の情報を事前に調査しましょう。企業の理念、製品・サービス、業績などを把握しておくと、面接や会話で役立ちます。

適切な服装:

会社の文化や業界に合った服装を心がけましょう。通常はビジネスカジュアルが安全ですが、フォーマルな場合もあります。

タイムリネス:

面接や訪問の予定時間に遅れないようにしましょう。余裕を持って早めに到着することが好ましいです。

コミュニケーション:

礼儀正しい態度で、明るく自己紹介をしましょう。相手に興味を持って質問をすることが重要です。

質問の準備:

会社やポジションに関する質問を用意しておきましょう。これは、あなたが真剣に興味を持っていることを示すために重要です。

自己紹介や強みのアピール:

自己紹介や強みを明確に伝えることが重要です。自分の経験やスキルを強調し、会社にとってどのような価値を提供できるかを伝えましょう。

フィードバックと感謝:

訪問後にフィードバックメールや手紙で感謝の意を伝えると良いでしょう。

企業のカルチャーへの適合:

会社のカルチャーや価値観に合致していることを示すことが重要です。自身の価値観やワークスタイルが会社と調和していることをアピールすると良いでしょう。

これらのポイントを押さえつつ、自己の志望動機やキャリア目標を伝えることが、会社訪問の成功につながります。

ご縁を大切にする

転勤が条件の会社です。
私は約束通り
各地に転勤しました。
各地で人々とのご縁を
大切に仕事をしながら
楽しい日々を過ごしました。
チームメンバーも
良い人たちでした。
今も感謝しています。

働き方を考える

今後は、
永年雇用の時代は終わり
転職、スキルアップしながら
会社を選び仕事をする。
自身に力を付ける。
勉強し努力が
必要になると考えます。
健康に注意して
自分軸を持ち楽しく仕事です。
ご縁を大切にし感謝いたします。
日々、勉強し努力です^^
健康に注意し楽しく仕事です!

感謝、謙虚、素直

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました