地域の自治会(改革)

言葉(language)
スポンサーリンク

自治会の役員の仕事

現状の仕事

1,市の広報を配る。
2,会費を集める。
3,回覧板を回す。
4,地域イベントのお世話をする。
5,予算、決算などの報告など
  集会を開く。
 などのお作業があります。
勝手に改革案^^

1,市の広報は、
  広報用のホームページ
  作成し配信する。
2,アプリなどシステムを使い
  会費を回収する。
3,SNSを使いお知らせする。
4,イベントは
  必要最小限にする。
  つながりは大事です。
5,年に1回~2回
  必要最小限にする。

 奉仕の精神は大切です!

自治会の今後の在り方をChatGPTに聞きました

自治会の在り方は地域やコミュニティによって異なりますが、以下に一般的な指針を示します。

コミュニケーションと情報共有:

その間メンバーのコミュニケーションを強化し、情報共有の効率を向上させるために、ウェブサイト、SNS、メーリングリストなどのデジタルプラットフォームを活用することを検討します。
定期的な会議やイベントを開催し、メンバー間の対話を進めます。
目標と使命:

自治会の明確な目標と使命を認定し、その達成に向けた戦略を立てます。
地域の課題やニーズを確認し、それに合わせたプロジェクトや活動を計画します。
透明性と運営:

予算、決定プロセス、プロジェクト進捗など、自治会の運営に関する情報をメンバーと共有し、透明性を高めます。
決定権の分散や民主的な意思決定プロセスを確立します。
ボランティアと協力:

地域のボランティア精神を奨励し、多くのメンバーが参加できるように心掛けます。
他の地域組織や自治体と連携し、リソースやサポートを共有しましょう。
地域の改善:

公共施設や緑地の維持・改善、犯罪防止、緊急時の対応など、地域全体の福祉向上に焦点を当てたプロジェクトを推進します。
継続性と新メンバーの受け入れ:

長期的な継続性を確保し、新たなメンバーの受け入れを奨励します。若い世代や異なるバックグラウンドの人々に積極的に参加させましょう。
資金調達と予算管理:

必要な資金を調達するために、会費、寄付、助成金の活用を検討します。また、予算管理を適切に行い、資金の使い方を透明にしましょう。
地域イベント:

地域イベントを開催し、住民の交流を促進し、地域社会を強化します。
最終的な自治会の在り方は、地域の特性やメンバーのニーズに応じて異なります。地域住民と協力して、地域社会をより良いものにするための戦略を共有し、検討しましょう。
今後は、
災害対策に力点を置き
水害、地震対策を考え
避難場所の確認、
避難訓練などをする。

備えあれば憂いなし

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました