医療保険

言葉(language)
スポンサーリンク

健康保険

健康保険の概要

会社員や会社員の家族に対して
労災保険の給付対象とならない
病気やけが、死亡、出産について
保険給付を行う。

保険料
労使折半です。

給付内容
①療養の給付
 家族療養費
②高額療養費
③出産育児一時金
家族出産育児一時金
④出産手当金
⑤傷病手当金
⑥埋葬料、家族埋葬料

(上記FP3級参考)

国民健康保険(国保)

概要
健康保険や共済組合などの
適用を受けない
自営業者や未就業者など
市区町村住所のある全ての人を
対象にした保険です。

保険料
市区町村によって異なり
前年の所得等によって
計算されます。

国民健康保険の給付内容

①療養の給付
 家族療養費
②高額療養費
③出産育児一時金
家族出産育児一時金
④埋葬料、家族埋葬料

(上記FP3級参考)

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度は
75歳以上の人
または、C
65歳以上75歳未満の
障害認定を受けた人が
対象です。

自己負担額は医療費の1割
現役なみ所得者は
3割負担です。

保険料は、各都道府県の
後期高齢者医療広域連合で
決定され、原則として
年金から天引きされます。
徴収は、市区町村です。

(上記FP3級参考)

日本の医療保険をChatGPTに聞きました

日本の医療保険制度は、国民皆保険制度(こくみんけんこうほけん)と呼ばれる、ほぼすべての日本国民が加入する公的な健康保険制度が中心です。提供します。

国民皆保険制度(こくみんけんこうほけん):

国民皆保険は、日本国内に住むほぼすべての人々が加入する健康保険制度です。これには、日本国民、外国人居住者、長期滞在者などが含まれます。
加入者は、地域の自治体(市町村)に登録し、保険料を支払います。保険料は結果に応じて規定、雇用者と被雇用者が半分ずつ負担します。自営業者や無職の場合は、個人で保険料をお支払い致します。
国民皆保険に加入することで、医療サービスを受ける際の費用が割引され、高額な医療費の自己負担が軽減できます。
公的医療認証:

国民皆保険に加えて、日本には高齢者向けの介護保険や障害者向けの医療制度など、さまざまな公的医療制度があります。対応するために提供されています。
基本的な医療サービス:

日本の医療制度では、基本的な医療サービスが提供されます。これには一般診療、入院治療、手術、薬剤の処方、予防接種、産前産後ケアなどが含まれます。
医療機関は公立と私立の両方が存在し、一般的に高い医療水準を維持しています。 緊急の医療も提供されており、救急車や救急病院が利用できます。
自己負担:

国民保険に加入していても、医療費の一部は自己負担として支払う必要があります。自己負担額は年齢や収入に応じて異なります。
日本の医療保険制度は高品質かつ含まれており、日本国内に住むほとんどの人々がアクセスできるように設計されています。を入手するために地域の自治体や公的機関にお問い合わせいただくことをお勧めします。

退職者向けの公的医療制度

退職後、
再就職をしない場合も
何らかの保険に
加入します。
再就職をしない場合
3つの公的医療保険です。

①健康保険の任意継続被保険者になる
条件
1,健康保険の被保険者期間
  2か月以上
2,退職日の翌日から
  20日以内に申請する
加入期間 最長2年間
保険料 全額自己負担
②国民健康保険に加入する
手続き
退職日の翌日から14日以内
市区町村に申請する。
保険料 全額自己負
③家族の被扶養者となる
健康保険の被保険者である家族
(親や子、配偶者)
の被扶養者となる。
保険料の負担なし

(上記FP3級参考)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました