仕事の型(大きく分けて2つ)

言葉(language)
スポンサーリンク

仕事の型をChatGPTに聞きました

「仕事の型」は、以下のような意味で使われることがあります:

労働の形態やスタイル:仕事の型は、従業員や労働者が働く形態やスタイルを指します。例えば、正社員、パートタイム、アルバイト、契約社員、フリーランスなどが考えられます。仕事の種類は、労働条件や長時間にわたる場合があります。

業務のカテゴリー:仕事の型は、業務内容や細分のカテゴリーを指すこともあります。例えば、販売員、エンジニア、デザイナー、マネージャーなど、異なる区分や業務領域が異なる仕事の型として考えられます。

仕事の進め方:仕事の型は、タスクやプロジェクトの進行方法を指すこともあります。例えば、プロジェクト型の仕事、定期的なルーチン業務、クライアントベースの業務など、仕事が進む方法やスケジュールが違う場合があります。

労働パターン:仕事の型は、労働時間や勤務パターンを指すこともあります。例えば、フルタイム、週末のみ、夜勤、シフト制など、労働時間や勤務スケジュールが異なる場合もあります。

仕事の組織手法:仕事の型は、仕事の組織手法やチームの構造を指すこともあります。例えば、プロジェクトチーム型の仕事、協力型の仕事、個人タスク型の仕事などが考えられます。

具体的な決断に基づいて、どのような意味で「仕事の型」を探しているのか教えていただければ、より具体的な情報を提供することができます。
大きく分けて2つです。
①フロー型  
②ストック型 
①フロー型 
↓
給与所得、アルバイト収入
自営業者など
時間内で働いて賃金を得る。
身体が資本です。
(働けなくなったら収入0)
②ストック型
↓
ビジネスオーナー
不動産、投資家など。
(資産に働いてもらう)
時間と手間がかかる。
(上手く回ればゆとりが出来る)
上記、
なぜ、あの人は 
お金にも時間にも余裕があるのか?
の本を参考です。
(私には、為になる本です)
フロー型で 全力で頑張り  
ストック型を育てていきます。 

責任は我にありをChatGPTに聞きました

「責任は我にあり」という言葉は、日本の詩人である与謝野晶子によって詠まれた歌の一部です。 この言葉は、自分が行動や決断の結果に責任を持つべきだという意味を表しそうです。つまり、自分の行動や選択に関しては他人や環境のせいにするのではなく、自分自身がその結果に対して責任あるべきだという考え方を示しています。態度を重んじる日本の価値観や文化に基づいています。
私の主な選択

高校の選択
大学の選択
会社の選択
個人事業主になる選択
家庭を持つ選択

多くの人のアドバイスを頂きながら
大事な選択をしました
全て自分自身で決めました私に関わる事は大きく考えると
私が決めた事ですから
私に責任があります自己責任です。

日本社会が悪い
(住む国を変える)
会社が悪い
(転職して会社を変える)
対策がとれる事柄もあります
愚痴をこぼしても
何も変わりません。

結論
全て自分が選択したことです
他の責任にするのでなく
自分の責任と考えますすると過去の出来事も
今の出来事も納得出来ます
未来も変わります(時代の変化に対応します)

時代を読み
自分の責任で考え行動し
過去の経験を活かし
今を楽しく
明るい未来にします。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました