中国、香港旅行(ChatGPTに聞いてみました)

言葉(language)
スポンサーリンク

35年前の中国、香港旅行の感想は?(ChatGPT)

残念ながら、私は2021年までの情報しか持っていませんので、35年前の中国と香港の旅行について直接的な経験や感想を提供することはできません。ただし、一般的な情報や歴史的な出来事についてはお伝えできるかもしれません。

1980年代に中国を訪れると、大きな変化や発展の途上にある国を目の当たりにすることができたでしょう。この時期は中国が経済改革の道を進んでおり、開放政策が実施されていました。そのため、都市部では経済の発展やインフラの整備が進んでいたかもしれませんが、農村部や内陸部ではまだまだ貧困や発展の遅れが見られたかもしれません。

香港は1984年にイギリスから中国への返還が決定され、1997年に実施されました。したがって、35年前の香港はイギリスの植民地時代の最後の数年間にあたります。香港は繁栄した都市であり、国際的な金融・商業の中心地として知られていました。また、東洋と西洋の文化が交差する場所でもありました。

以上の情報を元にして、35年前の中国や香港の旅行に関する具体的な感想を持っている方の体験談をお聞きすることをお勧めします。

^^/
はい、私は旅行しました^^
GPTさんが言う通り
香港はイギリス領でした。
広州は発展していました。
桂林は観光地です。
のどかな風景が広がっていた
ことを覚えています。
流石、GPTさんです!

中国、香港旅行

大学時代の同期Kさんと
約1週間
中国旅行しました。
①香港 
(当時イギリス領)
香港島からの
夜景が綺麗でした。

②広州 
当時から発展している。

③桂林 
漓江の
川下りをしました
山水画のような
風景和みました。

④韓国で 
ホテルに1泊し 
金浦空港経由で
帰国しました。
ホテルから空港まで送って頂いた
タクシーの運転手さん
親切に対応して下さいました
同期Kさんは
中国の食事が合わず
途中で帰国しました。

私はフイルムカメラ
持って行きましたが
ほとんど感光しました。
(X線の検査の事知らなかったです)
ピンボケの写真4枚
撮れただけでした(笑)
観光地でふれ合った
皆様親切で楽しい
旅行が出来ました。
これからも 
思いやりの気持ちを
忘れず人に親切にします。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました