【メリット】楽天ふるさと納税 2023年 

ふるさと納税は、
都会に集中する税金を
地方自治体に寄付する
国のありがたい制度です。
返礼品は寄付額の
30%までの還元率まで
と決まっています。

例
1万円の寄付でもらえるのは、
3千円の相当の返礼品です。

各自の寄付額は年収で決まり
その上限までなら
実質負担
2千円で地方返礼品が
もらえる計算です。
(お得です。)
例
楽天シュミレーションで
3万5千円と算出され、
3万円返礼品を買ったら
寄付金2万8千円が、
次の年の住民税から引かれる。 
返礼品代は、
実質2千円の計算です。 
概略
1,楽天シュミレーターを使い
  自身の金額枠を調べる。
2,会社員ならワンストップ特例です。
3,事業主なら領収書で確定申告です。
始め方
①楽天シュミレーションで
 寄付金を決める。
(オーバーしないように
 少し低めに寄付金額を決める)
②楽天ふるさと納税サイトで
 返礼品決める。
(楽天ポイント入ります)
③サイトから自治体に注文する。
(詐欺サイトに注意)
④確定申告する人は領収書請求する。
 確定申告しない人は
ワンストップ特例制度を利用する。
 (5自治体まで)
(必要書類など返礼品を購入した 
 自治体に送り返す)
⑤返礼品を受け取る。
⑥次の年度の住民税きちんと寄付金から
 引かれてるか確認する。 
3つの注意点
1控除額オーバーにならないようにする 
2大量に買って置き場や消費に    
  困らないようにする。       
3自身が領収書かワンストップ特例    
 どちらか必要か決めて注文する。   
対策
1、楽天シュミレーションなどで
  金額を確認し控除額を  
  オーバーしないようにする。
例 
シュミレーションで35,000円と出たら
少し低めの合計30,000円の品物を買う。

2,1年間での合計金額なので
  計画的に時期をずらして
  分散し置き場や消費に
  困らないように買う。  
 (困らないなら一度に買ってもOK)   
例 年間 30,000円なら     
   4月に10,000円 
   6月に10,000円 
   10月に10,000円 
   分散購入する。

3,個人事業主は領収書必要です。
  会社員はおおむね      
  ワンストップ特例でいいのですが、
  確定申告される会社員は、   
  領収書が必要なケースもあります。
  その場合はよく調べて    
  ふるさと納税を利用して下さい。

(領収書や関連書類をなくさない、
申告忘れしないようにしましょう。)

私のお勧めベスト5
1.米 
 (持ち運びも楽)     
2,お酒、ビール
 (自分へのご褒美)       
3,海鮮、食料
 (地域自慢の食材楽しめる)
4,生活用品    
 (家計の助け)    
5,果物、スイーツ
 (自分へのご褒美)

買う窓口は、
楽天ふるさと納税がお得。
楽天ポイントが入る。
楽天スーパーセールや
買い物マラソンの
期間を利用すると更にお得です。利用できる自治体の数ワンストップ特例の場合
5自治体まで利用可能です。
確定申告の場合は、
領収書の場合制限なしです(金額は楽天シュミレーションで確認)  
国のお得な制度を
利用して
快適生活です。

↓見てみてください

タイトルとURLをコピーしました