言葉【ことわざ】勝って兜の緒を締めよ

言葉(language)
スポンサーリンク

勝って兜の緒を締めよ

「勝って兜の緒を締めよ」という言葉は、日本の諺(ことわざ)であり、戦いや困難を乗り越えて成功した後に油断せずに準備を怠らないようにという教えを含んでいます。

この言葉の意味は、「勝利を収めた後も警戒心を忘れずに、準備や対策を怠らずに身を守るべきだ」ということです。つまり、成功や幸運が訪れたときには、過信せずに謙虚さを持ち、さらなる困難や挑戦に備えることが大切であるという教えです。

この言葉は、自己満足や油断がもたらす危険性を示しており、成功した後も常に努力を続け、自己啓発を怠らずに成長を続ける姿勢が求められます。
ChatGPTより
戦いに勝っても油断することなく
また、成功しても慢心することなく、
用心深く物事に当たれ。
(上記Yahoo調べ)
勝っているが、何か問題点は無いか?
常に考えて先手を打ちます。
優先順位を付けやるべき事を実行します。
結果は、時の運です。天命を待ちます。
慢心することなくコツコツ努力します。

千里の道も一歩から

「千里の道も一歩から」という言葉は、長い旅や大きな目標を達成するためには、最初の一歩を踏み出すことが重要であることを表現したことわざです。課題であっても、最初の一歩を踏み出さなければ何も進展しないということを教えます。

この言葉は、行動を起こすことの重要性を強調しています。 大きな目標を達成するためには、最初の一歩を踏み出すために、うまくいき続けることが必要です。 千里の道は非常に長く見えるかもしれませんが、一歩ずつ進めば必ず目標に近づくことができます。

このことわざは、人々に行動を起こす勇気や決意を考えるために使われることがあります。 大きな目標を持っている場合でも、最初の一歩を踏み出すことでエネルギーが湧き、先にいく自信が生まれます。小さなステップから始めることで、長い道のりも乗り越えられるのです。

したがって、「千里の道も一歩から」という言葉は、目標を達成するためにはまず行動を起こすことが重要であり、小さな一歩から始めることが重要だという教訓を伝えています。(ChatGPTより)

遠い所へ行くにも足元の第一歩から
始まるの意味であって、大事をなす為にも
小事を積み重ねることによって至というたとえ。
(上記Yahoo調べ)
小さくてもいいので最初の一歩を踏み出し
動くことが重要です。
何冊かの本を読んで印象に残ったことです。
①感謝する        
②不要なものを捨てる   
③マイナスの言葉を使わない    
④シンプルに考える    
⑤最小の努力で最大の成果が出せる方法を考える。
一歩を踏み出しコツコツ努力継続します。

好きこそものの上手なれ

「好きこその上手なれ」という言葉は、日本のことわざであり、直訳すると「好きであるからこそ、上手になる」という意味です。この言葉は、何かを真剣に愛し、熱中することで、その分野で腕前が上達するということを教えます。

このことわざは、人々に対して情熱や興味を持つことの大切さを伝えています。ものごとに真剣に向き合い、心からの関心や愛情を持って取り組むことで、その分野のスキルや知識が磨かれますあるのです。

例、趣味やスポーツ、仕事など、どんな分野でもこの言葉は応用できます。自分が好きなことに時間や努力を注ぐことで、より高いレベルに到達することができます。楽しんで取り組むことで、モチベーションが高まり、継続的な学びや成長を遂げることもできます。

「好きそのものの上手なれ」は、人々に自分の情熱や興味を大切にし、それを踏まえて自己成長を優先することを自分自身の言葉として広く使われています。
ChatGPTより
誰でも好きでやっていることは、
一生懸命になるし、それに関して勉強したり
工夫したりするのでおのずと上達するたとえ。
(上記Yahoo調べ)
仕事も自分の得意を活かし就職活動し
よく会社のことも調べて面接に臨む。
(適材適所)
面接もしっかりどんな仕事をするか
よく質問しお互い合意して気持ちよく働き
世の中のお役にたてるように努力です。
(ご縁のある会社にお世話になります)
自分の力を発揮し楽しく仕事をします。
今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

/

コメント

タイトルとURLをコピーしました