お得な政策 2023年

言葉(language)
DSC_1435
スポンサーリンク

お得な政策を利用するをChatGPTに聞きました

お得な政策を利用することは賢い選択です。 :

一瞬一瞬の手続き:政府が提供する暫定を活用することで、税金の軽減が期待できます。例えば、特定の投資に対する税額控除や、低収益者向けの暫定的なものなどがあります。

助成金や補助金の利用:政府が特定産業やプロジェクトに対して提供している助成金や補助金を受けることで、経済的な支援を受けることができます。

エネルギー効率向上のための補助金:環境に優しい取り組みを支援するために、エネルギー効率向上のための補助金や助成金が提供されています。

雇用保険や社会保障の活用:雇用保険や社会保障などの社会福祉プログラムを利用することで、従業員や企業自体の経済的な安定を取り組むことができます。

輸出促進政策:国際貿易に関して、政府が輸出企業を支援するための政策やプログラムが存在します。これを利用することで、企業の国際展開が効果的に進む可能性があります。

ただし、これらの政策や当面利用する際には、関連する法令や条件を確認し、適切に申請や手続きを行うことが重要です。することが成功への鍵となります。

お得な政策3選

第1位
ふるさと納税
例①
個人事業主なので領収書
注文時に指定
年3万円
楽天ふるさと納税から
注文です。
翌年3月確定申告して
3万円の負担で
税金2万8千円負担済み
例②
会社員で
ワンストップ特例を利用
翌年の住民税から引かれます。
簡単解説は税金の先払いです
頼んだ商品と書類が届くので
書類に記入して返信する。
これで完了です
1年ごとの優遇制度です。
ブログの最初に固定して紹介しています
「楽天ふるさと納税2023年」
です^^
第2位 
積み立てニーサ
20年間で年間40万円まで    
利益に対し
税金が掛からない。
(通常20%税金掛かる)
国の優遇措置
将来年金の足しになる。
例③
楽天証券口座か
SBI証券口座を開設する。
積み立てニーサの商品選ぶ
(商品選び重要です)
月3万3千円積み立て
老後資金の中長期戦略です。

2024年から
新ニーサ制度に変わります。
投資枠が1800万円に広がり
更にお得な制度になります。
(年投資限度額360万円です)
利益に対して税金が掛かりません!
YouTubeで勉強です^^
第3位
iDeCo
個人型確定拠出年金
将来の年金の足しになる
国の優遇制度です
(リスクはあります)
老後資金の中長期戦略です。
国の制度を利用して
安心生活です^^

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
👇広告です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました