税金1

言葉(language)
DSC_1706
スポンサーリンク

税金の種類 

1,所得税     
2,消費税(10%)
3,市、県民税   
4,固定資産税(家、土地)   
5,車税(車の所有者)
6,事業税(事業主)
7,配当金にかかる税金
(20%)
など他にも様々な税金があります

日本の税金をChatGPTに聞きました

日本の税金についてご説明いたします。

日本税は、国、地方自治体(都道府県や市町村)、および社会安全のために徴収されます。主な税金には以下のようなものがあります。

得られる税(所得税) : 個人の給与や事業に生じる税金です。源泉徴収が行われ、年間の得られる税金に応じて任意が異なります。

法人税(法人税) : 法人法人と同様に金銭されるや組織の利益に対して若干得られる税金です。法人は利益額によって異なります。

消費税(消費税) : 商品やサービスの消費に課される税金で、一般的には10%です。 なお、一部の食品や医薬品などは軽減税率が適用され、優遇が8%となる場合もあります。

住民税(Resident Tax) : 市町村に住む個人が賦課税で、結果に応じて支払われます。

固定資産税(固定資産税) : 不動産(土地や建物)の所有者が支払う税金で、不動産の評価額に基づいて支払われます。

自動車税(自動車税) : 自動車の所有者が支払う税金で、車両の排気量や車種に応じて税額が決まります。

相続税(Inheritance Tax) : 財産相続に対して課される税金で、相続人や財産の額によって異なります。

贈与税(贈与税) : 贈与された財産に対して課される税金で、贈与の受け手や贈与額によって見方が変わります。

具体的な詳細や最新情報は、日本の税務署や司法顧問などの専門家にご相談いただくことをお勧めします。
日本の税金にはさまざまな種類があります。以下に、主な税金とその概要を説明します。

得られる税(所得税):

個人税(個人所得税): 個人の結果に対して課されます。日本では、年間の結果に応じて異なります。
法人取得税(法人所得税):法人や会社の収益に対して課されます。
消費税(消費税) :

現在の基本割引は10%ですが、一部の商品やサービスは軽減軽減(8%)が適用されることもあります。
住民税(住民税) :

個人が最も多くにかかる地方税です。結果に基づいて計算され、市町村によって異なるものが適用されます。
固定資産税(固定資産税) :

不動産(土地や建物)の所有者が支払う税金です。現金額は不動産の評価額に基づいています。
自動車税(自動車税) :

自動車の所有者が支払う税金で、車の排気量や年式によって異なります。
相続税(相続税) :

財産の相続に課される税金で、相続人に対して支払われます。
贈与与税(贈与税) :

資産の贈与に課される税金です。
印紙税(印紙税) :

契約書や証書に課される税金で、契約の種類によって異なります。
酒税、タバコ税など(消費税) :

特定の商品に対して課される税金で、酒やタバコなどの消費財に適用されます。
これらは一般的な税金ですが、日本には他にもさまざまな税金や懸念があります。 税金の詳細な情報や具体的な計算方法は、日本の税務署や税理士に相談することをお勧めしますまた、税金のルールや優遇は時間とともに変更される場合があるため、最新の情報を確認することも重要です。

所得税、市県民税と主な控除

年収=年間の収入   
所得=収入ー経費ー控除
所得によって所得税決まります
(所得額に対し5%~45%)
市、県民税
所得課税標準額の10%

主な控除
1,給与所得控除
2,配偶者控除 
(38万円)
3,基礎控除  
(48万円所得によって変わる)
4,医療費控除 
5,生命保険料控除
6,地震保険控除
7,寄付金控除 
など

主な税額控除
1,配当控除    
2,住宅借入金特別控除
など(FP3級参考)
税制は変わるので
毎年注意必要です自身に関わる
税金、控除は把握です事業主は税制を理解し
正しく計算
経費、控除も忘れずに

会社員は毎月の給与明細
確認し理解
年末調整は正しく申告です場合によっては
確定申告必要な時もあります
納税スタイルも変化しています。
国は電子化を推進しています。
市の納税も電子化しています。
(私はPayPayで納税)

勉強し理解
正しく納税
正しく節税

今日も元気にいきます(笑顔で^^)
以下広告です👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました