年賀状を送る

言葉(language)
スポンサーリンク

年に1回 年賀状

年賀状の歴史(新年の挨拶)

奈良、平安時代から
1000年以上の歴史
貴族が宮中で
新年の挨拶を文にして交わす
始まり説あります。
年賀状も100年以上の歴史あります
年初めの挨拶
日ごろのお礼
今までと変わらぬ
お付き合いなどの
意味合いあります。
(ヤフー検索)

年賀状を送るをChatGPTに聞きました

年賀状習慣は、文化や地域によって異なりますが、一般的には良い習慣とされています。 以下は、年賀状の送り習慣についてのいくつかの前向きな側面です。

感謝の表現: 年賀状ことは、一年の終わりに家族や同僚、同僚、取引先などに感謝の気持ちを表す良い機会です。一緒に過ごした時間や助けられたことへの感謝を伝えることができます。

人間関係の深化: 年賀状のために、簡単な挨拶だけでなく、手書きのメッセージや今年の振り返りを添えることができます。これにより、相手との関係が定着し、コミュニケーションの機会が増えます。

伝統としての価値: 年賀状は伝統的な文化の対話として集中的に受け取られており、その伝統を守ることで、過去からの継承や社会的なつながりを感じることができます。

喜びとなるサプライズ: 年賀状を受け取ることは、嬉しいサプライズになります。手紙やカードをもらうことで、相手の思いやりや気遣いを感じ、温かい気持ちになります。

ただし、電子メールやSNSなどのデジタルコミュニケーションが主流となり、年賀状習慣が薄れつつあります

合縁奇縁(あいえんきえん)

人の交わりには
お互い気がよく合う
あわないがあって、
それは不思議な縁に
よるものだということ。
上記Google調べ

臨機応変

変化の多い時代
柔軟に対応する。
色々な考え方が
あることを理解します。
自分自身の考えに
軸を持ち変化に
臨機応変に対応します。

現在
SNSの発展により
挨拶の方法が変わり
つつあります。
時代の流れです。
SNSでも
挨拶、感謝、お付き合いの
面では変わりないです。
今後、新年の挨拶の方法が
徐々に変わる。
時代が変わって
伝える手段が変わっても
感謝の気持ち忘れず
新年の挨拶します。

今日も元気にいきます(笑顔で^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました